炊飯器は何分で炊けるかメーカ別時間くらべ

スポンサードリンク

炊飯器のスペックの1つである炊飯時間。どのくらいで炊けるかは家事の効率にも影響すると思いますので炊飯方式で違いがあるのかどうか調べてみました。

対象はパナソニックの圧力IH式とIH式、マイコン式です。5.5合炊きを基準にしましたがマイコン式は5.5合炊きが見あたらなかったので3合炊きを比較対象としました。

スチーム&可変圧力IH パナソニック SR-SPA105 5.5合炊き

炊飯時間 エコ炊飯 42分
エコ炊飯 浸し米炊飯 34~39分
銀シャリ 48分
銀シャリ 浸し米炊飯 36~42分
銀シャリ かため 43分
銀シャリ やわらか 54分
銀シャリ もちもち 51分
銀シャリ しゃっきり 45分
高速 24~34分

IH パナソニック SR-HX105 5.5合炊き

炊飯時間 エコ炊飯コース 44分
銀シャリ ふつう 56分
銀シャリ かため 52分
銀シャリ やわらか 56分
早炊き 26分~37分

マイコン パナソニック SR-MY051 3合炊き

炊飯時間 白米/無洗米 45~60分
早炊き 28~42分

こうして見ると2~3分ぐらいの差ですが圧力IHとIHでは圧力IHのほうが炊飯時間が短いことがわかります。

またIHとマイコンでも気持ちIHのほうが短いことがわかりますね。

ほんのちょっとの差ですが

圧力IH>IH>マイコン

といった結果となりました。別にそれほど気になる差ではないのですがどうしてもという人は圧力IHがいいのかもしれません。

他のメーカーはどうなのか

日立の炊飯器も炊飯時間が掲載されていたので調べてみました。

圧力&スチームIHのRZ-VV100Mはエコ炊飯が約39分、しゃっきりが44分、もちもちが45分。

圧力IHのRZ-VG10Mはしゃっきりが44分、もちもちが46分。

IHのRZ-JP10Jはふつうが47分、極上が57分。

といったわけでこちらも圧力をかけるほうが若干炊飯時間が早くなるようです。

メーカーで比べるとパナソニックの製品とくらべると日立の製品のほうが炊飯時間が短いようですが、これはメーカーでモードが違いますからなかなか判断が難しいところです。

単純に早く炊くならパナソニックの高速や早炊きモードのほうが早いですし。

たいした差でもないがどう判断するか

こうしてチェックして見た結果をみると2メーカーとも圧力IHのほうが時間は短くなるようですが、劇的な違いというわけでもありません。

それよりも目立つのモードによる時間の差。当然高級機になるほどモードが豊富にあるわけですが、高速モードやもちもち、しゃっきり、やわらかなどたいへん多彩。

方式による違いを気にするよりもこうした炊飯モードを状況によって上手く使い分けて使っていくのが時短のコツかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す