Panasonic IHジャー炊飯器 5.5合 SR-HD103-W

スポンサードリンク

パナソニックから発売された低価格帯のIH炊飯器SR-HD103。

2013年のモデルなのでほとんど見かけないと思いますが9000円を切る処分価格で売られていたらお買い得かもしれません。

今回はこのSR-HD103の口コミをいただいたのでご紹介します。

安いので満足

夫婦2人暮らしで使っています。基本的に3食ともごはんを食べますが、毎朝その日に食べる分をまとめて3合炊いています。

 

よく買うお米はコシヒカリですがコシヒカリ特有の甘みを損なうことなくしっとりと炊き上がります。

炊きあがってすぐにふたを開けるとベタベタした感じですが全体を混ぜ蓋をし、蒸らすために少し時間をおきます。そうするとちょうど良いふっくらした感じになります。

 
この炊飯器には「エコ炊飯コース」というのがあり、はじめに何度か試しましたが少しかために炊きあがってしまうので基本的には「銀シャリコース」を使っています。それ以外の「早炊きコース」などを使ってもあまり味の変化がわかりません。

 
再加熱ボタンがあるので少し時間が経ってから食べる時はそのボタンを押せば熱々のごはんになりますが、炊けてから1時間以上経過すると釜のフチの方から乾燥してきてしまうのでなるべく早めに茶碗などに移すようようにしています。

朝ごはんで食べる分と、お弁当にする分以外の残りは茶碗に移し、粗熱をとった後冷蔵庫に保存しています。夜食べる直前に電子レンジで温めれば、美味しく食べられますが風味は少し落ちるように思います。

炊きたての香りや風味が好きな方は面倒でも毎食炊いた方がいいかと思われます。

 
白米、無洗米、炊き込みご飯など一般的なメニューの他にマンナンごはんというものがありますがマンナンごはんを使用しない家庭にとってはあまり必要ないメニューだと思います。

早炊きのときは30分以内で炊けます。炊き上がりも通常のコースとあまり変わらないのでとても良いです。

炊き込みご飯のコースは今まで使用していたものと比べると焦げやすいようなので、調味料などを少し減らして調節しています。

 
炊いている最中の蒸気や音に関してはそんなに気になりませんが、炊き上がりのビープ音が少し耳障りです。これは感じ方に個人差もありますが以前使用していたものと比べると音量が大きいと感じます。

 
釜、内蓋などは外しやすく洗いやすいのですが、内蓋は汚れが付着すると取れにくく、釜は以前使っていた他のメーカーのものと比べると傷がつきやすいように思います。気をつけて扱っていても2ヶ月ほどで細かい傷がついてしまい丁寧に扱っても傷が増えてしまいました。

 
メニューボタンなどは上から見やすいので操作しやすいです。タイマーも2通り設定できるので、仕事の日用と休みの日用の時間を設定して使い分けています。
ごはん以外にもケーキなどが焼ける「ケーキコース」というのがありますが、通常のコースでもケーキが焼けるレシピはあるのでこれはあってもなくてもどちらでもいい気がしましが。
総合的に見ると「普通に満足できる」商品です。価格が安いのでコストパフォーマンスは良い方だと思います。

 

愛知県 masaruru

コストパフォーマンスモデルか

とりたたてお米を炊く上でウリがあるわけでも無いようですが、一通りのことはこなせますし、内蓋のお手入れや内釜が若干気になるもののトータルで見れば満足のいく製品のようです。

予算を抑えつつそこそこのことができる。そんな炊飯器を求めている人にはよさそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)