パナソニック SR-SPX105の口コミ Wおどり炊きがすばらしい

スポンサードリンク

パナソニックから登場のSR-SPX105。Wおどり炊きでムラ無くしっかり加熱できることをウリにしていますが、実際に使用した感想をいただきました。

注目のパナソニックの炊飯器ですがどんな炊き上がりなのでしょうか。

おどり炊きは「つや」や「ふっくら感」がすばらしい

現在6人家族で使用しています。よく炊く銘柄は、山形県在住ですので、はえぬきかつやひめが多いです。

炊飯時間は大体4合が多く、炊飯時間は約37分ほどでしょうか。

高速炊飯ですと25分くらいと思います。

 

お米の炊き上がりは今年はまだ新米が出ていませんが、それでも米が立っていて、おどり炊きの本領発揮というところでしょうか。

つやがあるのはもちろん、食べたときのふっくら感はすばらしいと思います。

 

内釜はダイヤモンド竈釜というネーミングですが、もったときのどっしり感がおいしく炊けるイメージを高めてくれます。

実際使用しても、ここまで数ヶ月使用してもまったく傷などは付いていません。

外側の放熱を抑える効果があるという金粉入り金色塗装も、高級感がありとてもいい感じです。

内がまの底をよくみるとくぼみがたくさん有り、そのから大きな泡がでて、発熱力を高めるそうで、このあたりにもおどり炊きへの更なる工夫を感じます。

1~2年で内釜のコーティングがはげてきたという話をよく聞いていたので、この機種の内釜3年保証というのも、コーティングへの自信の表れでしょうか。

 

炊飯後の保温したあとの状態も、けっこう時間がたってもご飯の味が落ちないのも特徴でしょうか。

いわれなければあまりわからないくらい、時間の経過での味の変化は感じられません。

 

炊飯メニューの中でおどろいたのが、銘柄炊きわけコンシェルジュという機能で、全部で36銘柄のお米の炊きわけができるそうで、我が家でよくたべるはえぬきやつや姫も当然この銘柄に中に入っていましたので、早速購入後から設定して使っています。

操作も使ってみると特別難しさを感じることもなく、一度覚えてしまうといたって簡単に操作は出来ます。

 

もともと4年ほど前の三洋電機製のおどり炊きの炊飯器を使用していましたが、そこそこ年数もたったので買い換えたのですが、そのもうひとつ前に使っていた炊飯器と比べ、おどり炊きの炊飯器にかえたときの味の違いのおどろいて、もう他の炊飯器は使えないとまで思ったほどでした。

そんなこともあって、前回購入したおどり炊きよりさらにランクの上の感じのパナソニックWおどり炊き SR-SPX105を購入しました。

違いとしては、ご飯の味はさらに進化した印象で、圧力炊飯ということで前回の機種は結構蒸気が出ていましたが、今回の機種はそれほどまで強い蒸気はでなく、改良されてるなと感じました。

 

もともと時間の経過での味の劣化は少ないと思っていましたが、この点においてもさらに進化した印象がありました。これからもこのおどり炊きシリーズを我が家では使って生きたいと思います。

 

おどり炊きファン 山形県

かなりの評価

ご飯がふっくら、保温でもそれほど味が落ちない、蒸気が少ない・・・とかなりの高評価をされていますね。

効果のほどは疑問ですが金粉入りの釜も高級感を感じさせます。

圧力IHなのでふっくらとした炊き上がりが好きな人におすすめできそうです。

パナソニック Wおどり炊き SR-SPX105を楽天市場で探す

パナソニック Wおどり炊き SR-SPX105をYAHOOでチェック

スポンサードリンク

コメントを残す




*