カタログをチェックして象印の炊飯器の特徴を探る

スポンサードリンク

a0007_002764

炊飯器メーカーとして定評のある象印。象印の炊飯器が一番と支持する人も多いですが、象印製の炊飯器にはどんな特徴があるのか、カタログをもとにチェックしてみます。

極め羽釜

各社内釜にはいろんな工夫を凝らしていますが象印は極め羽釜という釜を採用しています。

昔はかまどでご飯を炊いていたわけですが、このときの釜にヒントを得てつくられました。

鉄はIHと相性がよく熱をよく伝えるので鉄製の内釜を採用したようです。底の部分にはアルミ溶射コートが施されており、これで熱対流が起こり、炊きムラを抑えてくれるようです。

フラッグシップモデルは職人が技をふるった南部鉄器が使われており、かなりのこだわりがあることが伺えますが、正直南部鉄器だからといって味の違いがわかる人は少数かもしれません。

物凄くこだわりがある人向けだと思われます。

下位のモデルには鉄器コートが施されており、発熱効率が約1%アップとなっています。

その他の特徴

広く浅い釜

従来よりも広くて浅い釜にすることによって熱が効率よく伝わり(おそらくIHヒーターはが底に配置されている関係だと思われる)炊きムラを抑えられています。

熱を伝えるというのが炊飯器にとって大切な要素ですからこうした工夫になったのでしょう。

かまどヒーター

釜の羽の部分に密着して熱を伝えるヒーターが搭載されています。側面からも加熱することで熱がよく行き渡るようになっています。

また羽の部分とヒーターが密着することによって空気の断熱層が生まれ、熱が逃げるのを防いでくれる構造になっています。

うるおい二重内ふた

従来の構造よりも内ふたの構造を改良して熱が逃げにくくなっているようです。これで火力が1.3倍となっているとのこと。

プラチナコート

内釜にコーティングされたプラチナナノ粒子によって内釜の水が弱アルカリ性に変化するといわれています。

弱アルカリの水がお米の表面のたんぱく質を分解

お米の中まで水が浸透する

甘み成分がアップ

といった流れのようです。

コーティングなのでどこまで効果があるかといったとろこですが、これをメインの理由にして購入するほどではないかなと思います。

いろんなメニュー

わが家炊きメニュー

前回の炊きあがりの感想をアンケート形式で解凍すると次回から食感を微調整してくれます。

毎回の炊飯の炊き上がりが好みのものになっていくのでわずかな硬さにもこだわる人はありがたい機能ですね。

極め保存

保温時間が40時間と長時間の保存が可能です。うるおい二重ぶたが水分の蒸発を抑え、底のセンサーが細かく火加減をコントロールしてくれます。

うるおい、圧力、室温、センターセンサーといった7つのセンサーでコントロールしてくれるようです。

やわらかごはん

「やわらか」と「よりやわらか」が選べ、より細かい設定ができるようになっています。細かな設定を求めている人に。

かまど極めメニューでおこげを

大火力を活かして炊き上げることで底の部分におこげを作ることができます。

土鍋や釜でご飯を炊いたときのおこげが好きという人はこれで試してみるのもいいかもしれません。

白米特急メニューなら15分で炊きあがる

ご飯をすぐに食べたいけど炊き上がっていない。そんなときは白米特急メニューを使うと圧力センサーが細かな調整を行い、1合なら約15分で炊き上がります。

まとめ

象印の炊飯器は発熱効率の良い鉄を使った内釜、わが家炊きでアンケート結果をもとにした微調整、おこげができる「かまど極め」メニューあたりが特徴的ですね。

IHでも火力が欲しい、炊きあがりを好みに微調整をしたいといった人によさそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)