パナソニックSR-HC105/SRHC105音は大きいがメニューが豊富

スポンサードリンク

パナソニックのIH炊飯器。

1万円台半ばと手の出しやすい価格帯のIH炊飯器です。

これまではマイコン式だったけどちょっぴり良い炊飯器を使ってみたいという人やあまり予算をかけたくないけどしょぼいのは嫌という人によさそうなモデルですね。

今回はこちらの炊飯器についての口コミをいただきましたのでご紹介します。

低価格ながら豊富なメニュー

生活するにあたって必須の家電といえばなんでしょうか?
それは間違いなく炊飯器でしょう。日本人の心をくすぐるお米。その調理に不可欠な道具です。
今回は低価格モデルであるPanasonic SR-HC105を紹介します。

 

まずこのモデルの最大の特徴は、実売価格5万円以下のモデルとして珍しい豊富な機能でしょう。
すし飯はもちろん、お急ぎ炊飯、エコ炊飯、銀シャリ、おかゆ等のお米の炊飯機能はもちろんのことパンやケーキを作る設定があります。
最近流行りのマンナンご飯にも対応しています。
また、最近炊飯器としては当たり前になりつつある分単位での予約等も備えています。
最近は消費税も上がってなるべくなら出費を減らしたい、でも炊飯器で色んなことにチャレンジしてみたいという方にオススメのモデルです。
炊飯量も1合以下から5合までと、一人暮らしの方や小食な方向けの炊飯量で扱いやすいのも特徴です。
もうすぐ半年使うことになりますが、今のところ故障や釜のテフロン加工が禿げるということは起こっていません。頑丈さや信頼性は流石日本製!というところでしょう。

さて、途中で出てきたマンナンご飯とは何でしょうか。
簡単に言うとお米に似せたヘルシー食材で、ダイエット効果があるものです。
味も違和感ないし、食べ過ぎを気にする方や、ダイエット中の方にもオススメです。
これに最初から対応している炊飯器なんです。これはなかなかないと思います。

 

  • いいところばかりに触れてきましたが、悪いところにも触れようと思います。
    まず、大きめで場所を取ることでしょう。私は台所に置くのが邪魔に感じてリビングに置いています。
    大きめのスイカをイメージしてもらえれば分かりやすいでしょう。
  • 二つ目は、釜が大きいことで非常に重いのと、一人暮らしの方だと場合によってはシンクに入らないかもってことです。
    私は男ですが、片手で持つのはちょっとしんどく、炊飯前の水とお米が入った釜を持つのは結構大変です!
  • 三つ目に、音がうるさいことです。以前使っていた炊飯器の音は殆ど無かったのですが、このPanasonic SR-HC105はもしかしたら洗濯機よりもうるさいんじゃないかというくらい音を発することがあります。音が小さい時でもテレビとかを見ているとすごい気になります。
  • 四つ目に、釜がずれやすいことでしょう。お米をすくおうとすると釜がぐるぐる回ってしまって非常にすくいにくいです。
    釜の縁を濡れた布巾等で掴んで動かないようにしています。

 

以上長々と紹介しました。
もしも興味が沸いたらメーカーホームページや家電量販店等で実物を確認してみて下さい!

 

福岡県 くっく

安くてメニューが多いがサイズと音は気になる

くっくさんによると少しサイズが大きめということです。幅奥行き高さは254x211x362 mmとなっています。ただ他のIH炊飯器とくらべると特別大きいというわけではないのでそれほど気にすることはないかもしれません。

パナソニックのおどり炊きを搭載している機種はけっこうな音が出ますね。ネットでも話題になっているようです。この機種はおどり炊きはありませんが「洗濯機のよりもうるさいんじゃないかというくらい」とくっくさんがおっしゃっているので似たような音が出るのでしょう。

音はぜんぜん気にしないよという人は候補に入れてもいいと思います。

Panasonic SR-HC105-Wを楽天市場でチェック

パナソニック SR-HC105をYAHOOでチェック

スポンサードリンク

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)