象印 NP-VN10の口コミ パンやケーキを焼くのにも活躍

2万円以下で買える価格ですが、30時間保温可能だったり、お米の栄養素を引き出すという熟成炊きが注目のNP-VN10について口コミをいただきましたのでご紹介します。

豊富なメニューでお米も炊けますし、パン、ケーキまで作れます。

8年使用をした象印の炊飯器からの買い替えですが、デザインも良かったですし同じ会社なので、さらに進化した機能を使いたくて購入をしました。
3人家族で一日で食べきる事を目安に、こしひかりを4合を炊くようにしていますが、保温性の性能が上がっており二日経過した場合でも色の変わりが殆どなく、また柔らかさも保たれているので、お米の美味しさが長持ちします。
機能の方も数種類用意をされていますが、うるつや保温では30時間の保存を可能にしており、品質の低下を防ぐ機能がありますが実際に食べてみた所、炊く合数にもよりますが35時間は美味しく頂けました。
またこの炊飯の自慢の点は熟成炊きの機能で名前の通り塾生をされたお米本来の味が味わえる所です。
豊富に水分が吸収をされており、お米一粒がふっくらと仕上がっており、お茶碗一つに入れて比べてみますと、明らかにボリュームが違う事は明らかです。
食べてみた食感の方も口の中に自然に甘みが広がり、感触も柔らかくて食べ易いですし、
お年寄りが好む柔らかめのご飯になっていますので、食べる人に合わせて炊き直すことが無くなりました。
炊飯器のお手入れですが使用をすれば汚れてきますし、清潔に保たなければいけませんが、内蔵の内蓋は嵌めこみ式になっており、簡単に外せますので、いつでも気軽に綺麗にする事ができます。
また炊飯機能意外にも便利な機能が備えられているのですが、機能の中で便利だと思ったのが、パンを焼く機能があります。
釜の中にパン生地の材料を入れてスイッチを押すだけで、ふっくらとしたパンを作る事ができます。
実際に使用をしてみた感じですが、柔らかくて香ばしいですし、出来立ての香りと共に美味しく頂く事が出来ました。
もう一つよく似た機能でオススメなのがケーキが焼ける機能です。
同じように生地を入れるだけで手軽に焼く事ができますし、水加減の調整で固い、柔らかい、と好みに応じたケーキが作れますので、炊飯意外にも色々と用途がある炊飯器です。
気になる点は合えて申し上げますと、前回に使用してた象印の炊飯器と今回の製品では基本的な形状は変わっておらず、前回の教訓を踏まえて低調に扱う必要があると思いました。
5年ほどでスイッチ部分のビニールのラミネートが剥がれてしまいましたので、押す時は指の先でやさしく抑える事が必要で、爪の先で押していますとヒビが発生をして破れる可能性があります。
それ以外には作りも素晴らしいですし、釜の耐久性も良いので剥がれ難く安心して使えます。
お米本来の甘みを前面に出す事が出来る炊飯器ですし、食卓を豊かにしてくれると思います。

 

大阪府 マサ

コストパフォーマンスが高そう

内釜も3年保証があるみたいですし、1万円台半ばで購入できる価格もあってかなり人気になっているようです。

売れ筋ランキングを見ても上位に位置している機種です。特にこだわりが無いならこれでいいかも!?

ZOJIRUSHI NP-VN10-TAを楽天市場でチェック

象印 NP-VN10をYAHOOでチェック

日立 RZ-WW3000M の口コミ ふっくらな炊き上がりと軽量6年保証の内釜

日立の高級モデルRZ-WW3000M。

大火力の圧力スチームIH炊きでもちもち。蒸気口一体型内ふた。アルミ採用で軽量な内釜。蒸気カット機能。

といったあたりに注目ですが実際に使用した感想をいただきましたのでご紹介します。

想像以上にふっくら炊き上がる

この度は、評判も良かったこの炊飯器を買って家族での食事をより楽しみたいと考えていました。4人家族ですが男が多い家庭なので、5合炊き以上の炊飯器を求めていたところ、この商品に巡り会いました。

 

前まで使っていた炊飯器はパナソニックのSR-HG104と言われる型の商品ですが、その炊飯器と今回の炊飯器とで決定的に違う点は、ご飯を炊く際の方式にあります。今回買った日立の炊飯器は、圧力スチーム方式でお米を炊くことから、モチモチとした素晴らしい食感のご飯が出来上がっているという実感があります。

 

また、熱を逃がさずにしっかりと閉じ込められるように構造に工夫がなされているため、おいしさや旨味が凝縮されているというような印象を受けます。
炊飯器の使い勝手についてですが、圧力スチーム方式を採用した炊飯器はやや重いのではないかと思っていました。しかし、この炊飯器に至っては、アルミ合金を使用していて重さの軽減を図った商品であることから、想像以上に軽くて持ち運びがしやすいと感じた点も特徴的です。

 

また、使い終わるたびに入念に洗っていますが、メッキがはがれてしまうというような事態にも陥っていないため、品質を損なわずに済んでいるという点においても助かっています。
炊き方のメニューについても豊富に用意されている点が特徴です。その日に作った料理に合わせて、自由に炊き方を選択できます。蒸らす時間を買えたり、モチモチ感の度合いを買えたりと言うように、その日の料理にマッチしたご飯を炊くことができるため、家族からも非常に好評です。

 

マグロの角煮やステーキなど、食感が強くてやや固い料理を出す際には、やわらかいご飯が炊けるように設定したり、グラタンや冷ややっこ等、やわらかい料理を出す際には、より弾力のあるご飯が炊けるようにするなど、柔軟に対応できる点が素晴らしいと感じています。
また、強いて悪い点を挙げるとするならば、お手入れの面です。多彩な機能がついていて使い勝手が良い炊飯器ですが、洗い方は若干神経を使う必要があるのではないかと感じています。やや手入れがしにくい部分もあるため、隅々まできれいに洗うためには少し工夫が必要なのかもしれません。

 

しかし、炊飯器そのものは軽いことから、洗う際に持ち方を変えていく中で隅まで洗いやすいようにするといいと思います。
総合的には、とても満足ができる炊飯器だと思います。故障などもないため助かっています。

 

静岡県 てんちゃん

どうしても価格がネックだが・・・

価格は私が調べた段階で6万円弱とかなり高いのでどうしても躊躇してしまいますがもちもちに炊き上がるのと内釜の軽さは魅力ですね。

内釜はカーボンフッ素で6年保証となっています。

お手入れは蒸気口と内ふたが一体化されてはいるものの少し神経を使って洗う必要があるようです。これは圧力IHだとしょうがないといったところでしょうか。

予算が潤沢にあって、これまで他のメーカーの炊飯器に納得できなかったという人は候補に入れてもいいかも?


HITACHI RZ-WW3000M(R)を楽天市場でチェック

日立 RZ-WW3000MをYAHOOでチェック