パナソニックSR-HB105の口コミ 非常に高いコスパ

人気の高いパナソニックの炊飯器。こちらのSR-HB105は「おどり炊き」は搭載していませんがリーズナブルな価格で人気になっています。

かなりのコスパが高そうな機種ですが口コミをいただきましたのでご紹介します。

炊飯器が変わるだけでこんなに違う

私がSR-HB105の炊飯器を使ってみての体験記を紹介します。
まずは全体的にかなり性能が高い炊飯器になっていますので、これを買っておけば間違いはないでしょうといえる商品です。さすがパナソニックですね。技術が高い。技術だけでなくそのデザインも気に入っています。全体的にはシンプルなデザインに、シックな色でちょうどいいバランスが保たれています。
性能は以前使っていたものに比べ、お米が非常にふっくらと炊ける印象です。パナソニック製を使うのが初めてなので、メーカーでここまで違うのかと正直驚きました。

またツヤ感も非常にありますし、何より気に入っているのは保温の性能が非常に高いところです。味にうるさい父が、前日のお米を食べたときに、「これは炊き立てのような味だ」と言ってしまうほどでした。
保温機能が優れている点は、特に家族で使っている人には嬉しい点です。私はよく作り置きをするので、保温がしっかりしてくれ、翌日も炊き立てのようなご飯が食べれることは本当にありがたいです。

 

また釜もコンパクトで扱いやすく、手に馴染む感覚なので洗いやすいですし、お米が釜の周りに付きにくくなっているので、洗うのがそんなに苦ではありません。以前はつけ置きをしておきましたが、今はそれをしなくとも簡単に洗えてしまうので、時間短縮になり嬉しいです。

 

そして、私は初めて目にした機能ですが、「エコ炊き」という機能に驚きました。しかし、どうせ味や炊き上がりが落ちるのだろうと思っていましたが、実際に使用するとほとんど変わらない炊き上がりでした。それでさらに電気代も節約できるとは最高の機能ですし、財布に優しい主婦の大きな味方になっています。最近はエコ炊きばかり使っています。
非常に良い炊飯器ですが、ひとつ言うならば、早炊きにすると、味が格段に落ちてしまう点です。当たり前といえば当たり前のことですが、普通に炊いた時の炊き上がりが良すぎるのか、早炊きにすると、その差が目立ってしまいます。

私はあまり多く早炊き機能は使わないのでそれほど困りませんが、早炊きを使う人はちょっと困るかも?しれませんね。しかし早炊きにしても前回使っていたものに比べると炊き上がりと味は勝っているので気にしていませんが。
十分な機能を備えているにも関わらずコストパフォーマンスもよく、かなりレベルの高い炊飯器だと思います。
白米が嫌いだった母も、炊飯器を変えてからよく食べるようになり、やせ細っていた体も少しふくよかになり、健康的には良くなったと思います。

 

大阪府 パナ

コスパ良好のパナソニックの炊飯器

かなり満足度は高そうですね。

2万円を切る価格で売られていますがそのわりに他の口コミでも炊き上がりが美味しいと評判です。

機能に関して特にこだわりがない、安く炊飯器を購入したいという人はチェックしておきたい一品です。

パナソニック IHジャー炊飯器(0.5-5.5合) SR-HB105-W ホワイトを楽天市場でチェック

パナソニック 5.5合 炊飯器 IH式 ホワイト SR-HB105-Wをアマゾンでチェック

パナソニック SR-HB105をYAHOOでチェック

TOSHIBA RC-10VXJの口コミ 炊き上がり良好

気圧を下げることでお米に水分が浸透しやすくなる「真空ひたし」や独特の丸い釜が特徴の東芝の炊飯器RC-10VXJですが、口コミをいただきましたのでご紹介します。

仕上がりや機能について

まず、5人家族でいつもは1日4合炊きで使っています。

 

蓋を開くと、ダイヤモンドコートでコーティングされた釜である旨が記されており、右から麦ご飯0.5~4合、雑穀0.5~4合、玄米0.5~4合、お粥(五分粥0.5~1合、全粥0.5~1.5合)、白米0.5~5.5合用の水の分量を指し示す目盛が白線で刻まれています。
購入してから1年近く経つので4合になると、9時間以上経過した後は米が少し柔らかくなっているように感じます。他の商品と比べると圧倒的に蓋に水滴が溜まりにくいのですが、初めて購入した時から半年までの最高の状態と比較すると少し残念です。
その上、余らせる米の量が多いと萎びやすくなり、時間が経つ程旨味が損なわれているように感じます。10時間以上経過すると、しゃもじで掬った時の米の感触から美味しさが伝わってきません。

また、どれを食べても美味しいですが、3合炊きの白米が1番お勧めです。湯気の排出量や保温状態が万全で、硬めの歯応えの最高の白米を口にできます。
次に、手入れはしやすいです。外の埃や手垢は落としやすく、1回拭くと5日は掃除をしなくても綺麗なままです。慌てている時に、アルコール綿やキッチン用掃除シートで拭き取っても新品のような艶があります。1年経っても見た目や触り心地は変わりません。

また、釜も蓋も取り外しやすく、ご飯粒が残りにくいので洗いやすいです。お湯を使うと、拭く時間を考慮しても1分で元の箇所に配置できます。

次に、柔らか過ぎず固すぎず、丁度良い硬さに白米が炊き上がります。
しかし、米を水に浸す時間は15分よりも1時間程浸けおく方がふっくら仕上がり、50分もの炊き時間が掛かるので急いでいる時には不向きです。

また、炊き込みご飯をする時は硬さが足りなくなっていくので、炊いたその時に食べる方が良いです。水分量は白米の半分程度にし、残りを味一の薄口醤油、シメジや人参等の野菜の水分で補うと上手に作れます。
そして、保温している間は自動でecoモードの緑のランプが光り続けます。
それから、本かまどやそくうま、予約も設定できます。
ご飯等がまだ中に入っている時は何が何時間前に炊かれたかの表示がされているので、どのくらいの間隔で炊けばいいのかが明らかになり、古くなった物は炒飯用にしても美味しく頂けます。
また、中身が入っている場合は、間違って設定機能を押しても問題が無いように表示されないようになっています。
最後に、取っ手が付いているので外で花見やバーベキューをする際に持ち運びやすいです。外面に触れてもそれほど熱くなく、コンセントも本体に収納できるので便利です。
分かりやすい構造になっている為、機械が苦手な方でも使用しやすいです。
その上、匂いも美味しいので癖になり、食欲を掻き立ててくれます。

 

徳島県 necoss

保温は気になるが炊き上がりはよさそう

保温は9時間経つとちょっと品質が気になるようですが、炊き上がりは良好そうですね。

他の方の口コミを見ると本体や釜のサイズが少し気になるようですが、候補に入れてもいいかもしれません。


東芝 真空圧力IHジャー炊飯器 鍛造かまど本丸鉄釜 RC-10VXJ(R) グランレッドを楽天市場でチェック

RC-10VXJ-R 東芝 鍛造かまど本丸鉄釜 真空圧力IHジャー炊飯器 5.5合をアマゾンでチェック

東芝 RC-10VXJをYAHOOでチェック