2017~2018年の人気炊飯器ランキング!コスパで選ぶ!

いろんなメーカーからいろんな値段で登場している炊飯器。

フラッグシップモデルは機能が豊富ですが価格が高くてなかなか手が出しにくい面もあります。今回はお手ごろなコスパ重視モデルで人気機種をピックあっぷしてみました。

パナソニック おどり炊き SR-PA107

パナソニックのSR-PA107は可変圧力おどり炊きという機能が搭載されています。

最上位モデルはIHの切り替えと可変圧力によるWおどり炊きですがこのSR-PA107は可変圧力のみです。

銘柄による炊き分けがなかったり、仕上がりも「銀シャリ」「もちもち」「かため」「やわらか」と4種類だったりしますが、内釜はダイヤモンドハードコートの3年保証になっているなど基本は抑えている感じがします。

それほど活用することは無いかもしれませんが炊飯後のニオイを減らすお手入れ機能も搭載されています。

炊き上がりに細かいこだわりがないけど有る程度美味しく炊ける炊飯器が欲しいと言う人はチェックしてみてはどうでしょうか。

三菱電機 備長炭 炭炊釜 NJ-VE108

三菱電機といえば本炭釜ですがのNJ-VE108は中位モデルなので内釜は備長炭コートになっています(3年保証)。

炭を削りだして仕上げる本炭釜とくらべると炊き上がりの美味しさは劣ると思いますが本炭窯は割れやすいという欠点もあるので内釜を手軽に扱えるNJ-VE108のほうが釜の扱いを気にしなくて楽かもしれませんね。

近年はモードが豊富な機種が多いのでそれほど特筆すべきことでもありませんが、芳潤炊き、雑穀米、麦飯、中華粥、おこわ、炊き込み、すし、エコ炊飯といったモードも備えています。

象印 極め炊き NP-BG10

象印の中位モデルは人気の鉄板になっている気がします。

上位モデルのように南部鉄器の極め羽釜や大火力・高圧力といった部分はありませんがプラチナコートの内釜は3年保証(プラチナによって水を弱アルカリ化することでご飯がおいしくなるようですがどれほど効果があるかは不明)。

メニューは49通りの炊き方がある「わが家炊き」、炊き上がりの食感を7通りに選べる「炊き分け圧力」などがあります。

水分の蒸発を抑える「うるつや保存」は30時間と長めの保温が可能です。高温で保温する「高め保温」も搭載しているのであったかご飯をすぐ食べたい人にもよさそうです。

3機種をピックアップしてみました。どれもフラッグシップモデルにくらべると炊飯機能は劣ってしまうのですがコスパで考えれば優れている点は大いにあるかと思います。

コスパ重視の人はチェックしてみてください。

2017年のおすすめは?炊飯器人気売れ筋ランキング!

2017年気になる炊飯器の人気どころの機種をチェックしてみました。

人気どころはどんな機種でしょうか。

タイガー魔法瓶 炊きたて  JPC-A100

タイガーから発売されている圧力IH炊飯器JPC-A100は「熱流&熱封土鍋コーティング」をウリとしています。内釜の下部に土鍋コーティングを施すことで上部と下部に温度差を生み、釜内部の対流を生み出す仕組みです。

あくまでもコーティングなので土鍋のような炊き上がりとまではいかないかもしれませんが期待はできそうです。

また、炊き上げ時の圧力を1.25気圧、炊き上げ直後に1.05気圧にすることでしっかりと仕上げる「可変W圧力炊き」といった機能もあります。口コミを見るとふっくら、もっちりといった声が見られますね。

内ふたについては「つや艶内ふた」を採用、親水加工がしてあって従来のものより1.5倍の蒸発効果があります。これによって余分な水分を飛ばしてお米の香りを引き出してくれるようです。

おしゃれなボディでコンパクトかつ凹凸も少なくお手入れもしやすそうです。奥行きも短めという声も聞かれます。(奥行きは302mm)どうやら以前のJPB-G101とくらべて10%体積が小さくなっているようです。

使いやすさの面では液晶画面の文字部分が光って見やすいのも嬉しいですね。操作パネルもシンプルで見やすいです。内釜に取っ手が付いているのは地味に嬉しいかも。

炊飯メニューは玄米にも対応し、GABA増量メニューがありますし、雑穀米やご飯以外の調理にも対応しています。

もっちりとしたお米を食べたい、炊飯器のデザインにもこだわるといった人は検討してみてはどうでしょうか。

タイガー 圧力IH炊飯ジャー(5.5合炊き) 炊きたて JPC-A100RB バーガンディを楽天市場でチェック

タイガー 圧力IH炊飯ジャー(5.5合炊き) バーガンディTIGER 炊きたて JPC-A100-RBをアマゾンでチェック

タイガー魔法瓶 炊きたて JPC-A100をYAHOOでチェック

象印 極め炊き NP-VN10

長いこと人気になっているのがこちらのNP-VN10です。2015年7月の発売ですがいまだに人気のようです。

内釜は特別なコーティングがされていなかったりとフラッグシップモデルに比べるとちょっと機能は見劣りしてしまいますが、機能は沸騰後にも炊き続ける「豪熱沸とうIH」や30時間と長時間保温できる保温機能などを備えています。

炊飯メニューは「熟成炊き」といったメニューを搭載していてじっくり吸水してから炊き上げることが可能です。玄米にも対応しています。

多機能ではないもののそこそこの性能を持ち合わせている印象です。デザインはいかにも炊飯器といった感じですしサイズもやや大きいようです。(幅255x高さ205x奥行き375 mm)

ではなぜ人気になっているのかというとそのコストパフォーマンスでしょう。1万円台半ばで購入ができます。価格対性能は非常に優秀なのではないでしょうか。

「炊飯器にそれほど予算が掛けられない」「それほどこだわりが無い」「余計な機能はいらない」という人にはぴったりだと思います。

象印 IH炊飯ジャー 5.5合炊き NP-VN10-TA ブラウンを楽天市場でチェック

象印 IH炊飯器 極め炊き 5.5合 ブラウン NP-VN10-TAをアマゾンでチェック

象印 極め炊き NP-VN10をYAHOOでチェック

パナソニック Wおどり炊き SR-SPX106

定番になりつつあるパナソニックのおどり炊きシリーズにも注目です。

加熱する場所を交互にすることで熱対流を起こす「大火力おどり炊き」に加えて新たに1.2気圧と1.0気圧の「圧力コントロール」が加わってWおどり炊きになりました。

これによってお米をよりしっかりかき混ぜられて熱が均一に伝わるようです。

追い炊きや蒸らしの段階では220℃のIHスチームでハリ感アップ、ダイヤモンド竈釜は前のモデルにも搭載されていましたがトップコートを2倍の厚さに、ダイヤモンドを増量することで耐久性がアップし内釜5年保証となっています。

このSR-SPX106はフラッグシップモデルだけあってメニューも豊富で、お米の食感やかたさを「しゃっきり」「もちもち」など10種類に炊き分けることができます。また、お米の銘柄によって炊き分ける「銘柄炊き分けコンシェルジュ」は5銘柄が追加され46銘柄となりました。「赤飯」「おこわ」コースも搭載されてますます充実しています。

スマートフォンアプリと連携することでレシピ検索や予約設定も可能なようです。

「お米の味にこだわる」「いろんな炊き方を試したい」といった人は検討してみてはどうでしょうか。

パナソニック スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器 ルージュブラック SR-SPX106-RKを楽天市場でチェック

パナソニック 5.5合 炊飯器 圧力IH式 Wおどり炊き ルージュブラック SR-SPX106-RKをアマゾンでチェック

パナソニック Wおどり炊き SR-SPX106をYAHOOでチェック

いろんな価格帯の3機種

人気どころの機種をピックアップしてみましたが、高価格帯のSR-SPX106、手ごろな価格帯のJPC-A100、コスパに優れたNP-VN10と方向性の違う3機種となりました。

炊飯器の需要は家庭に応じてさまざまであることが伺えます。予算やこだわりに応じてしっかりと使用スタイルに合った炊飯器を選びたいところですね。