象印 圧力IH炊飯ジャー 極め炊きNP-BR18KSの口コミ

現在は販売が終了しているようですが象印のNP-BR18KSについての口コミをいただきました。

象印の極め炊きシリーズの1台なので極め炊くを参考にしたい人に。

粒が際立つ

3年ほど前に炊飯器を買い換えました。以前使っていた炊飯器は20年以上使っていたかなり古いもので、型番やメーカーはわかりません。

その炊飯器もかなり前から蓋の部分が外れかけていて、壊れていたのですが、求めている炊飯器がなかなかみあたらなかったのです。

母が玄米好きで、父は嫌いなので、母が玄米をまとめて炊いて冷凍しておけるように10合炊きの炊飯器を探しましたが、みつからなかったので、故障は気にしないで使っていました。しかし、ある日突然お米を炊くことすらできなくなってしまったので、買い替えることにしました。

 

現在の炊飯器を選んだ理由は、やはり10合炊きできるところです。買ったばかりのころは、20年ぶりの新しい炊飯器ということで炊き上がったご飯の美味しさに感動しました。

 

もしかしたら、今はどこもこのくらい美味しくなるのかもしれませんが、圧力IH炊飯ジャーという通り、しっかり圧力がかかった粒が際立ったご飯が炊き上がります。炊飯中、圧力をかける音がなり、2合なら57分であっという間に炊き上がります。

 

友人から勧められて買ったお鍋で米を炊くこともあったのですが、私はこちらの炊飯器で炊いたご飯のほうが、つやつやして米が立っていて美味しくできると思いました。

そのお鍋は圧力鍋ではないので、やはりこの炊飯器のミソは圧力がかけられるところだと思います。

 

機械が苦手なので操作も心配していましたが、普通に炊くだけなら、お米と水を入れて、コンセントを差して、炊飯スイッチを押すだけなので、すごく簡単です。

 

お手入れも内蓋2枚と釜、圧力をかけるパーツ2個だけで洗うのも苦ではありません。

ただ釜の部分はテフロンのような素材でできていてすぐに禿げないか心配です。

6人家族で朝晩に2合ずつ炊くのでそのぶん、釜にしゃもじが当たったり、洗ったりするので少し傷が付いているような気がします。

お値段がもっと張ってももう少し頑丈なコーティングならばよかったなぁと思います。

 

ご飯の他にも料理ができるメニューがあるようですが、あまり使ったことはありません。ただ炊飯器でシフォンケーキを作ったことがあって、その時は普段オーブンで焼くより、しっとりしたケーキができて感動しました。

 

保温機能もあまり使いませんが、コンセントを抜いたあとでも1時間以上温かい状態に保っていると思います。総合的な感想としては手軽に毎日美味しいご飯がいただけるので、とても良い炊飯器が得られたと満足しています。

 

新潟県 おっくん

極め炊きの効果あり!?

お米の粒が際立つということで極め炊きの効果がありそうですね。

古い炊飯器からの買い替えということなのでそうした面も影響しているとは思いますが極め炊きはなかなかよさそうです。

パナソニック SR-SPX105の口コミ Wおどり炊きがすばらしい

パナソニックから登場のSR-SPX105。Wおどり炊きでムラ無くしっかり加熱できることをウリにしていますが、実際に使用した感想をいただきました。

注目のパナソニックの炊飯器ですがどんな炊き上がりなのでしょうか。

おどり炊きは「つや」や「ふっくら感」がすばらしい

現在6人家族で使用しています。よく炊く銘柄は、山形県在住ですので、はえぬきかつやひめが多いです。

炊飯時間は大体4合が多く、炊飯時間は約37分ほどでしょうか。

高速炊飯ですと25分くらいと思います。

 

お米の炊き上がりは今年はまだ新米が出ていませんが、それでも米が立っていて、おどり炊きの本領発揮というところでしょうか。

つやがあるのはもちろん、食べたときのふっくら感はすばらしいと思います。

 

内釜はダイヤモンド竈釜というネーミングですが、もったときのどっしり感がおいしく炊けるイメージを高めてくれます。

実際使用しても、ここまで数ヶ月使用してもまったく傷などは付いていません。

外側の放熱を抑える効果があるという金粉入り金色塗装も、高級感がありとてもいい感じです。

内がまの底をよくみるとくぼみがたくさん有り、そのから大きな泡がでて、発熱力を高めるそうで、このあたりにもおどり炊きへの更なる工夫を感じます。

1~2年で内釜のコーティングがはげてきたという話をよく聞いていたので、この機種の内釜3年保証というのも、コーティングへの自信の表れでしょうか。

 

炊飯後の保温したあとの状態も、けっこう時間がたってもご飯の味が落ちないのも特徴でしょうか。

いわれなければあまりわからないくらい、時間の経過での味の変化は感じられません。

 

炊飯メニューの中でおどろいたのが、銘柄炊きわけコンシェルジュという機能で、全部で36銘柄のお米の炊きわけができるそうで、我が家でよくたべるはえぬきやつや姫も当然この銘柄に中に入っていましたので、早速購入後から設定して使っています。

操作も使ってみると特別難しさを感じることもなく、一度覚えてしまうといたって簡単に操作は出来ます。

 

もともと4年ほど前の三洋電機製のおどり炊きの炊飯器を使用していましたが、そこそこ年数もたったので買い換えたのですが、そのもうひとつ前に使っていた炊飯器と比べ、おどり炊きの炊飯器にかえたときの味の違いのおどろいて、もう他の炊飯器は使えないとまで思ったほどでした。

そんなこともあって、前回購入したおどり炊きよりさらにランクの上の感じのパナソニックWおどり炊き SR-SPX105を購入しました。

違いとしては、ご飯の味はさらに進化した印象で、圧力炊飯ということで前回の機種は結構蒸気が出ていましたが、今回の機種はそれほどまで強い蒸気はでなく、改良されてるなと感じました。

 

もともと時間の経過での味の劣化は少ないと思っていましたが、この点においてもさらに進化した印象がありました。これからもこのおどり炊きシリーズを我が家では使って生きたいと思います。

 

おどり炊きファン 山形県

かなりの評価

ご飯がふっくら、保温でもそれほど味が落ちない、蒸気が少ない・・・とかなりの高評価をされていますね。

効果のほどは疑問ですが金粉入りの釜も高級感を感じさせます。

圧力IHなのでふっくらとした炊き上がりが好きな人におすすめできそうです。

パナソニック Wおどり炊き SR-SPX105を楽天市場で探す

パナソニック Wおどり炊き SR-SPX105をYAHOOでチェック