象印 NP-YT10の口コミ 甘みがとても増えて味がぜんぜん違う!

大火力と圧力を組み合わせることで対流を引き起こす「プレミアム対流」や3年保証付きの羽釜がウリの象印NP-YT10。

内釜が3年保証なのは嬉しいと同時に耐久力への自信を感じさせますね。

今回はこちらのNP-YT10についていただいた口コミをお届けします。

炊き上がりに大満足 甘みが増えている

以前から象印の10年近く前の炊飯器を使っていたのですが、炊いた時に焦げができるようになってしまいご飯が炊きたてでもおいしく感じなくなったため買い換えました。様々なメーカーを検討しましたが、やはり炊飯器は象印のものが一番おいしく炊けるとの口コミを多数みたため、象印のこの炊飯器を購入しました。

 
この炊飯器に変えて一番驚いたのは、お米を水につけて置く時間が不要だということです。以前まではお米を洗ってから1時間程度水につけておく必要があったのですが、その必要がなくなり、お米を洗ったらそのまま炊飯ボタンを押せば水につけた時と同じようにふっくらと炊き上がります。水につける手間がないので時間短縮になっていいです。

 

ただし水につける時間が炊飯時間にプラスされているので、2合を普通炊きにして1時間程度かかります。他の炊飯器より炊飯時間が長いので要注意です。

また、水に事前につけずに炊飯できるため、予約炊飯で水につけた状態が長くなってしまった時は何となく柔らかい仕上がりになってしまいます。ですので、予約炊飯する際は、ややしゃっきりモード位で炊飯するといいです。

 

白米炊き分けは5通りの炊き分けがあり、「しゃっきり・ややしゃっきり・ふつう・ややもちもち・もちもち」です。

ふつうでもふっくらと柔らかい仕上がりになります。私の感覚ではふつうとややもちもちは似通った仕上がりになると感じました。

以前の炊飯器と同じお米を使っているのですが、味が全然違って驚きました。甘みがとても増え、同じお米だと思えないほどおいしいです。また保温についてですが、もちもちは炊き立てはいいのですが保温した翌日は柔らかくなりすぎるので、保温される際はややもちもちよりも硬めの設定がお勧めです。

もちもち以外でしたら、翌日も保温されていたご飯だということが信じられないくらいのふっくらとしたご飯が楽しめます。そして、冷めてもおいしいご飯がキープされますので、お弁当に入れてもおいしいご飯が食べられます。

 

釜はしっかりしている分少し重たいです。しかし、全体的につるっとしたフォームなので洗いやすく、使い勝手はいいです。

 

一つ買って初めて使った時に驚いたことがあったのですが、それは炊飯時の音です。圧力をかけて炊飯するため、音が大きいです。ぷしゅーという大きな音やシュッシュッシュというような音がします。

圧力なべを使ったことがある方なら分かるかと思いますが、まさに圧力鍋と同じ音がします。ストレスになる程の音ではありませんが、大きな音がするということは先に知っておきたかったです。

 

兵庫県 mii

炊き上がりの満足度は高そう

ご飯が甘く感じるとのことで炊き上がりに対する満足度は高そうですね。5通りの炊き分けがあるので、miiさんのように保温する場合など状況に応じて選んで炊くとよさそうです。

炊飯時の音が大きいということですが、お米を大火力で対流させて炊き上げる炊飯器は音が大きくなるのかもしれませんね。パナソニックのWおどり炊きも大きな音がするという口コミがあります。

慣れてしまえばたいしたことは無いかもしれませんがこうした点はあらかじめ知っておきたいですね。

象印 圧力IH炊飯ジャー 豪熱羽釜 5.5合炊き NP-YT10-VD ボルドーを楽天市場でチェック

象印 炊飯器 圧力IH式 5.5合炊き ボルドー NP-YT10-VDをアマゾンでチェック

象印 NP-YT10をYAHOOでチェック

ハイアール JJ-M31Aの口コミ 安いが調整が必要か

ハイアールから発売されているマイコン式の3合炊き炊飯器。安いわりに厚めの胴コート釜を採用していたりと期待をさせますが・・・

口コミをいただきましたのでご紹介します。

普通に炊くとやや硬めの炊き上がり 保温も長時間は無理そう

以前使っていた5合炊き炊飯器が古くなり、この商品を買いました。使い始めて2週間ほどです。

 

米は絹ひかりという銘柄で、3人家族ですが炊く量はいつも2合です。予約機能で炊くことが多いですが、少し不便に思うのは予約時間の設定です。以前は予約1、予約2とふたつの時間帯を登録できましたが、これはひとつしか登録できません。前回と違う時間に炊き上げたい場合は新たに時間を設定しなければならないので不便です。炊飯時間は45分強。予約で炊いた場合は予約時間の10分ぐらい前に炊き上がって、後の10分で蒸らしているみたいです。高速炊飯だと15分ぐらい炊飯時間が短縮できると書いてありますが、まだ使っていません。あと一点、これは説明書に小さく書いてあって私も見落としていたのですが【炊き込みご飯は予約炊飯しないでください】とありますので、注意してください。

 

いつも白米を炊くのですが、水分量を内釜の指示通りにしても炊き上がりは結構硬めです。私はそれくらいの方が好きなのですが、もっちりした炊き上がりを望む人は大目に水を入れた方が良いです。以前の炊飯器はすでに処分してしまったのでメーカーも型番もわかりませんが、もう少し柔らかい炊き上がりでした。炊飯後の保温ですが、これは説明書にも書いてあるとおり、12時間が限度だと思います。一度24時間保温を続けたことがありますが、底の方はカピカピに乾燥していて食べられずに処分しました。この炊飯器を使うなら、少なめに炊いて一度で食べ切るようにした方が賢明です。ただ一点ありがたいのは、保温を始めてから○時間、という表示が出る事です。これは以前の炊飯器にはなかった機能です。

 

内釜ですが、3合釜なのに以前の5合炊き釜よりも重いです。当然厚みもあります。買ったばかりなのでコーティングの耐久性は判断できかねます。ただ、釜が小さいので米を研ぐ時は慎重にしないと米をこぼすかもしれません。2合炊くだけでもこれですから、3合の米を研ぐのは苦労するのではないでしょうか。3合炊きですが、2合ぐらいに留めておいた方が無難かもしれません。

 

炊飯メニューは玄米、カレー用、冷凍用など10近くありますが、まだ試したことはありません。ただ、ひとつ気になるのは無洗米というメニューがない事です。説明書には白米メニューで炊くように書いてありますが、水加減はいろいろ調整した方がよさそうです。

 

肝心の手入れですが、これは楽です。外も中も全体に凹凸がないので、さっとタオルで拭く事が出来ます。湯気が出てくるところも取り外しが出来るので便利です。3合炊きで軽いので持ち運びにも苦労しません。ただ、フタの裏側(内ぶた)のパッキンは取り外せないと説明書にあります。試してみましたが取り外せませんでした。結構水もたまる場所なので掃除に苦労しそうです。

 

あと一点、使っていて気になったのはフタを開ける時に、あまりに勢いが良すぎて炊飯器ごと持ち上がってしまうのです。本体が軽い、あるいは新品でバネが効きすぎているのかもしれませんが、なにかを片手で持ってもう一方の手でフタを開ける時は気をつけた方が良いです。

 

使い始めて2週間ですので断定的なことは言えませんが、それほど複雑な機能もなく表示部分の文字も大きく、高齢者や一人暮らし、少人数の家庭には便利な炊飯器だと思います。

 

三重県 あん

割り切って使うことと慣れが必要か

安い価格帯なのであんさんがおっしゃっているように少量を炊いて食べきるとか冷凍をするとかいった使い方が良さそうですね。

あとは水加減が他の炊飯器と違いそうです。好みの炊き加減になるまで何度か試してその水加減を覚えておく必要がありそうです。

Haier JJ-M31A(W)を楽天市場でチェック

ハイアール マイコンジャー炊飯器(3合炊き) ホワイトHaier Joy Series JJ-M31A-Wをアマゾンでチェック

ハイアール JJ-M31AをYAHOOでチェック