パナソニック Wおどり炊き SR-SPX106の口コミ モチっとした感じと香りが優秀

前機種のSR-SPX105は炊き上がりが素晴らしいと大人気でしたが後継機種のSR-SPX106も注目です。Wおどり炊きにさらに「圧力コントロール」が追加されました。

気になる炊き上がりですが・・・口コミをいただきましたのでご紹介します。

広がる甘い香り 一粒一粒がモチっと

我が家は4人家族で暮らしています。
普段からよく食べているお米は新潟産のあきたこまちで、家族全員柔らかめの炊きあがりが好みです。現在使っている炊飯器はパナソニックWおどり炊き SR-SPX106で、以前使っていた炊飯器よりも炊き方にこだわった炊飯器を購入しました。
まず炊き上がりについてですが、炊き上がって炊飯器を開けた瞬間にお米の甘い香りが広がり、匂いからして美味しそうだと感じました。

 
以前使っていた炊飯器はタイガーの炊き立てJBG-B100-WUというマイコン炊飯器だったので、炊いた時に中央部分のお米がくぼんでしまっていました。くぼんでしまっている所はお米が水っぽくなり、均一な炊き上がりではありませんでした。

しかし新しく買ったWおどり炊きで炊いたご飯は中央部分がふっくらと盛り上がった炊き上がりで、味ムラもなくどこをすくっても同じ味がしたのです。
お米一粒一粒がしっかりしているのに中までモチッとしていて、同じお米とは思えない程の美味しさで驚きました。炊き時間も3合で約45分、早炊きだと30分程度で炊ける為なかなかの速さだと思います。

 
釜の扱いやすさについては以前の炊飯器に比べるとずっしりとした重みがあり、釜の厚さも倍くらいあると感じました。その為ご飯を食べ終わってお釜を取り出す時にお釜がなかなか冷めず、素手で取り出せないのは少し面倒です。

 

以前のお釜は熱い状態でも素手で取り出す事ができたので、Wおどり炊きはそれだけ保温性も優れている証拠なのだと思います。お釜の底に凹凸があるのですが、それがあるおかげで長時間保温をしていてもお釜にご飯がこびりつくことが無く、洗う時につけ置きしなくても汚れが落ち助かっています。

 
まだ使用して半年も経っていないのでコーティングの剥がれやすさは分かりません。しかし今現在はコーティングが剥がれている様子もなく、買ったときと変わらない状態を保てています。
保温機能については以前のマイコン炊飯器の様に表面がカピカピになったりはせず、ほぼ炊き立ての状態を保ってくれるのでいちいち冷凍する手間が省けて満足しています。炊き上がってある程度時間が経つと自動でスチームを噴射してくれる仕組みになっている為、朝炊いたご飯が夜になってもつやつやで嫌なニオイも全くしてきませんでした。

 
炊飯メニューについてはお米の炊き方だけでも10種類あり、硬さを細かく調節できるのはとても便利に感じます。ただ「よりやわらか」と「よりもちもち」という炊き方については、どちらで炊いても大して違いがないように思えたので10種類も分ける必要はないと思いました。
銘柄によって炊き方を設定する事もでき、試しに山形のつや姫を使って銘柄炊飯と普通の銀シャリ炊飯で比べてみたのです。すると銘柄炊飯のほうがよりもちもち感が強くなっていたので、そのお米の特徴をしっかり生かした炊き方がインプットされているのだと思います。

今まで銘柄によって炊き方を変えるといった発想はなく、この機能は良い機能だと思います。

 

 

お手入れのしやすさについてはお釜の汚れはすんなり落ちるのですが、内蓋に汚れがこびりついてしまい洗うのが大変なので、内蓋部分のコーティングももっとしっかりやってもらいたかったです。蒸気部分も取り外して洗えますが溝の汚れはスポンジでは洗いにくく、綿棒を使わないとキレイに洗えないのも手間になるかなと感じます。

ただ洗うパーツも少ないほうだとは思うのでそこまで大変というわけではありません。

 

 

静岡県 あかね

炊き上がりは相変わらず良さそう!お手入れはまだ改良の余地ありか

Wおどり炊きのおいしさは相変わらずのようですね。圧力コントロールが加わってさらにおいしく炊けそうです。電気炊飯器で美味しさを求めるなら候補に入れておきたい1台ですね。

圧力IH式なのでお手入れに関してはどうしても洗いにくいところが出てくるようですね。ただ、これまで圧力IHを使ったことのある人はそれほど苦ではないかもしれません。

Panasonic SR-SPX106-RKを楽天市場でチェック

パナソニック 5.5合 炊飯器 圧力IH式 Wおどり炊き スノークリスタルホワイト SR-SPX106-Wをアマゾンでチェック

パナソニックSR-SPX106をYAHOOでチェック

タイガー JKT-J100の口コミ 外ふたも取り外して洗える!おかず調理も!

タイガーのJKT-J100は内釜に土鍋コーティングと銅を挟み込んだ3層構造が用いられています。コーティングなので土鍋釜ほどの効果はないでしょうが多少は違いがあるかも?

また、ごはんとおかずの調理が同時にできる「tacook」機能があるので、「自炊はしたいけど簡単に済ませたい」という人は注目のモデルですね。(こうしたモデルは他にもたくさんありますが。)

今回はこちらの機種について口コミをいただきましたのでご紹介します。

忙しい方にオススメのtacook

我が家は2人家族ですが、朝・昼・晩で合計4合食べています。
そのため5.5合炊きの炊飯器を探しました。
2人とも少し硬めの炊き上がりが好きで、お米は長野県産のこしひかりを食べています。
今回は買い替えでしたが、以前は8年前くらいの同じモデルの炊飯器を使用していました。
8年使用したし使い勝手が良いのは分かっていましたが、そろそろ他のメーカーもいいかなぁと思っていたのですが、結局は同じタイガーのIH炊飯器に惚れこんでしまいました。

 
なんといっても上蓋が本体から外れるのはタイガーだけです。
上蓋を丸洗いできるので衛生的です。しかも取り外しが簡単です。
炊飯時間は極うま炊きで3合だと約1時間、早炊きならば20分程度で蒸らしも終えています。
炊き上がりはお米が立つような、少し硬めの炊き上がりです。
柔らかさを求める方には向いていないかもしれません。

 
早炊きの場合だと表示されている水の分量だけでは少しポロポロと固く感じます。
我が家ではできる限り極うま炊きが、早炊きの場合は気持ち水を多めに入れています。
釜は以前のモデルとだいぶ変わっていました。
以前は外側ツルツルコーティングでしたが、このモデルは外側がザラザラとしています。
手が濡れた状態で使用することが多いので、ザラザラしている方が手が滑りにくく落とす心配もありません。
釜の持ち手部分も熱くなりすぎないようにできているようで、炊き上がってすぐに素手で持つことができます。少し熱いですが熱すぎて落とすなんてことはないです。そして持った感じは軽いです。
内釜のコーティングも今のところはがれやすそうなところはありません。

 
保温は少し難ありです。やはり長時間保温していると黄色く高くなります。私はだいたい10時間までが限度かなと感じています。

 
この炊飯器の一番の魅力は、炊飯と同時におかずを調理することができるところです。
付属品としてtacookという専用の内釜にセットする容器がついていて、ここに例えば生のハンバーグなどを入れると炊き上がりと同時にホカホカのハンバーグが出来ています。

私も帰宅後ペットのお世話があって1時間くらい時間が取られてしまうので、この1時間の間にご飯と蒸し鶏などを一緒に炊いたりしています。帰宅が遅いのでとても重宝しています。

 
食後、毎晩お釜と蓋を丸洗いしています。蓋を取るのが面倒な時も蒸気が出ることろだけも取り外すことが出来るので、その日に合わせて炊飯器を掃除出来て便利です。
炊き上がりが少し硬い・保温状態が少し良くないという点もありますが、総合的に大満足の炊飯器です。

 

埼玉県 やっぱりタイガー

5.5合炊きでおかずの調理もできる

おかずを調理するとご飯の炊ける量が1~2合になってしまうようですが、おかずが調理できるのはやはり魅力なようで、やっぱりタイガーさんも便利に活用していらっしゃるようですね。

タイガーだけというふたが取れて丸洗いできる構造は清潔好きな人に合っていそうですね。

保温機能に関してはそれほどでも無いようですが、価格も抑え目なので値段なりかなと思います。コストパフォーマンスは悪くないと思います。

タイガー魔法瓶 JKT-J100(XT)を楽天市場でチェック

タイガー IH 炊飯器 5.5合 ブラウン レシピ付 炊きたて 炊飯 ジャー JKT-J100-XT Tigerをアマゾンでチェック

タイガー JKT-J100をYAHOOでチェック