スポンサードリンク

タイガー JKT-J100の口コミ 外ふたも取り外して洗える!おかず調理も!

タイガーのJKT-J100は内釜に土鍋コーティングと銅を挟み込んだ3層構造が用いられています。コーティングなので土鍋釜ほどの効果はないでしょうが多少は違いがあるかも?

また、ごはんとおかずの調理が同時にできる「tacook」機能があるので、「自炊はしたいけど簡単に済ませたい」という人は注目のモデルですね。(こうしたモデルは他にもたくさんありますが。)

今回はこちらの機種について口コミをいただきましたのでご紹介します。

忙しい方にオススメのtacook

我が家は2人家族ですが、朝・昼・晩で合計4合食べています。
そのため5.5合炊きの炊飯器を探しました。
2人とも少し硬めの炊き上がりが好きで、お米は長野県産のこしひかりを食べています。
今回は買い替えでしたが、以前は8年前くらいの同じモデルの炊飯器を使用していました。
8年使用したし使い勝手が良いのは分かっていましたが、そろそろ他のメーカーもいいかなぁと思っていたのですが、結局は同じタイガーのIH炊飯器に惚れこんでしまいました。

 
なんといっても上蓋が本体から外れるのはタイガーだけです。
上蓋を丸洗いできるので衛生的です。しかも取り外しが簡単です。
炊飯時間は極うま炊きで3合だと約1時間、早炊きならば20分程度で蒸らしも終えています。
炊き上がりはお米が立つような、少し硬めの炊き上がりです。
柔らかさを求める方には向いていないかもしれません。

 
早炊きの場合だと表示されている水の分量だけでは少しポロポロと固く感じます。
我が家ではできる限り極うま炊きが、早炊きの場合は気持ち水を多めに入れています。
釜は以前のモデルとだいぶ変わっていました。
以前は外側ツルツルコーティングでしたが、このモデルは外側がザラザラとしています。
手が濡れた状態で使用することが多いので、ザラザラしている方が手が滑りにくく落とす心配もありません。
釜の持ち手部分も熱くなりすぎないようにできているようで、炊き上がってすぐに素手で持つことができます。少し熱いですが熱すぎて落とすなんてことはないです。そして持った感じは軽いです。
内釜のコーティングも今のところはがれやすそうなところはありません。

 
保温は少し難ありです。やはり長時間保温していると黄色く高くなります。私はだいたい10時間までが限度かなと感じています。

 
この炊飯器の一番の魅力は、炊飯と同時におかずを調理することができるところです。
付属品としてtacookという専用の内釜にセットする容器がついていて、ここに例えば生のハンバーグなどを入れると炊き上がりと同時にホカホカのハンバーグが出来ています。

私も帰宅後ペットのお世話があって1時間くらい時間が取られてしまうので、この1時間の間にご飯と蒸し鶏などを一緒に炊いたりしています。帰宅が遅いのでとても重宝しています。

 
食後、毎晩お釜と蓋を丸洗いしています。蓋を取るのが面倒な時も蒸気が出ることろだけも取り外すことが出来るので、その日に合わせて炊飯器を掃除出来て便利です。
炊き上がりが少し硬い・保温状態が少し良くないという点もありますが、総合的に大満足の炊飯器です。

 

埼玉県 やっぱりタイガー

5.5合炊きでおかずの調理もできる

おかずを調理するとご飯の炊ける量が1~2合になってしまうようですが、おかずが調理できるのはやはり魅力なようで、やっぱりタイガーさんも便利に活用していらっしゃるようですね。

タイガーだけというふたが取れて丸洗いできる構造は清潔好きな人に合っていそうですね。

保温機能に関してはそれほどでも無いようですが、価格も抑え目なので値段なりかなと思います。コストパフォーマンスは悪くないと思います。

タイガー魔法瓶 JKT-J100(XT)を楽天市場でチェック

タイガー IH 炊飯器 5.5合 ブラウン レシピ付 炊きたて 炊飯 ジャー JKT-J100-XT Tigerをアマゾンでチェック

タイガー JKT-J100をYAHOOでチェック

スポンサードリンク

2016年人気の炊飯器ランキング!売れ筋はどのメーカー?

2016年、売れ筋になっている炊飯器をチェックしてみました。人気のメーカーはどこなのでしょうか。購入の参考になれば幸いです。

1位 タイガー魔法瓶 炊きたて JPB-G101

タイガーのJPB-G101が人気です。1.25気圧で炊飯後1.05気圧に減圧する「可変W圧力炊き」と「熱封土鍋コーティング11層遠赤特厚釜」といった点が特徴です。土鍋といっても土鍋コーティングですが。

2倍の時間でお米にしっかり給水させて高火力で加熱する「極うまメニュー」や麦飯専用メニュー、おこげ機能などを搭載しています。

デザインは背面をすっきりさせたデザインで凹凸が少ないので見た目を気にする人にもいいかもしれませんね。

口コミを調べるともちもちして美味しいといった声が見られます。人気だから期待したけど格別美味しいというほどではないという声もありますが、価格と性能比を考えればパフォーマンスは十分ではないでしょうか。

予算はそんなに出せないけどそこそこ美味しいものをといった人におすすめです。

 

2位 象印 極め炊き NL-BS05

象印の極め炊きも人気ですがこちらのNL-B S05はマイコン式です。

価格はIH式にくらべてかなり安価で安いお店では1万円前後で購入ができます。

機能的な特徴としては底ヒーター、側面ヒーター、ふたヒーターによる「全面加熱」、炊きムラを防ぐ「黒厚釜」、玄米や金芽米が炊ける「健康米メニュー」などです。

こうした機能があるとはいえマイコン式なので炊き上がりはさすがに高機能な炊飯器には劣るかもしれませんが本体価格が安いのは大きな魅力ですね。

とにかく安い炊飯器を求めているならぜひチェックしておきたい機種です。

 

3位 パナソニック SR-HB105

パナソニックのIH炊飯器も人気です。

SR-HB105はおどり炊きの機能はありませんが「全面発熱5段IH」(常に全面が発熱するわけではない)や打ち出し加工の「ダイヤモンド銅釜」といった点をウリにしています。

メニューは銀シャリコースや冷凍用ごはんコース、浸し米炊飯といったあたりが特徴でしょうか。

お米がキリっと立っておいしいといった声が聞かれます。圧力式ではないので固めのご飯が好みという人にはいいかもしれませんね。

価格と炊き上がりのバランスが優れている一品だと思います。

 

コスパに優れた炊飯器が人気

JPB-G101、SR-HB105とコストパフォーマンスに優れたモデルが人気です。

世の中の需要はハイスペックモデルではなくそれなりの炊き上がりでそれなりの価格のものといったところでしょうか。

さらにマイコン式のNL-BS05もランクインしていて予想外の結果になりました。まだまだマイコン式にも需要があるということですね。

この機種に注目!パナソニック Wおどり炊き SR-SPX106

注目なのはパナソニックのWおどり炊き SR-SPX106です。

大人気だったSR-SPX105の後継機種でWおどり炊きに「圧力コントロール」が加わったことでさらに美味しく炊き上がるようになっています。炊飯中の水分量に合わせて圧力をコントロールすることでお米がふんわりと仕上がるようです。しかもここに高温スチームを加えてお米のベタつきを軽減してくれます。

おどり炊き自体の前機種とくらべてパワーも少しアップしているようですね。

釜もダイヤモンドプレミアムコートが新たに施されダイヤモンドが増量、強度が増し5年保証となっています。

前機種のSR-SPX105は炊き上がりが素晴らしいと非常に人気だったのでお米の炊き上がりに関してはこだわりがあるという人はチェックしておきたいモデルです。

Panasonic SR-SPX106-RKを楽天市場でチェック

パナソニック 5.5合 炊飯器 圧力IH式 Wおどり炊き スノークリスタルホワイト SR-SPX106-Wをアマゾンでチェック