スポンサードリンク

炊飯器の本炭釜が割れたら?・・・効かない保証、けっこうな予算。

a0008_000067

遠赤外線効果にこだわって内釜に本炭釜を採用した炊飯器・・・

なんだかとってもご飯がおいしく炊けそうであこがれますよね。

しかし問題は内釜の扱いです。

炭を使っているのでたいへん割れやすく、10cmぐらいのところから落としても割れてしまったなんて声もあります。

今回は炊飯器の内釜が割れてしまったときの対処について考えてみたいと思います。

本炭釜が割れてしまったら

本炭釜といえば三菱電機の炊飯器。ということで三菱電機のQ&Aを確認してみました。

その答えは小さい傷でも故障の原因になるので買った販売店か修理窓口までお問い合わせくださいとのこと。

完全に割れてしまった場合はもとより少しのヒビなどでも問い合わせたほうがよさそうです。

保証期間は?

保証期間内だったら無料で交換してもらえるんでしょ?

と考える人もいるかもしれませんが、本炭釜は割れやすいものですから保証がつきません。

ちなみにタイガーの土鍋釜も保証外のようです。

つまり有料で釜だけ購入するか、新しく炊飯器を購入する必要があります。

釜の価格は?

この点は機種によっても違いがあるとは思いますが、調べてみると13000円とか15000円とか16800円とか・・・だいたいこれぐらいの価格はするようですね。

割れた釜を下取りや、説明書持参でこの価格というケースもあるようなので事前によく確認したいところです。

取り寄せまでに時間がかかる場合があり

家電量販店で聞くと入荷までにけっこう時間がかかるケースがあり、1週間から10日ということもあるようです(在庫があればもっと早くなりますが)。

ネットで見かけたケースをだと

三菱の窓口に電話

購入店に問い合わせるよう言われる

購入店に内釜を取り寄せてもらう

といった順序のようです。

状況によって対応は違うようで、サポートセンターが近ければそこに直接取りに行くといったこともできるようです。

いろいろとケースはありますが、当然内釜が手元に届くまではご飯が炊けないわけで、それだったら内釜を買うお金で別の炊飯器を買おうという人もいます。

逆に本炭釜で炊いたご飯が好きなのでといって何度も内釜を購入する人もいるようで、このあたりはどこまで本炭釜の炊飯器に愛着があるかによって変わってきそうです。

内釜を買って使い続けるべきか、割れにくい内釜を採用した炊飯器を新たに購入するか非常に悩ましいところですね。

割れたときのことを考えて購入することが必要?

こうして考えてみると炭釜や土鍋釜など割れやすい材質を用いた釜を採用した炊飯器を購入するときは割れたときのことも考慮して検討する必要があると思われます。

  • 内釜に保証はあるのか
  • もし割れてしまった場合はどんな対応なのか価格はいくらか
  • ご飯の味と内釜の扱いやすさどちらを重視するか

こうした点をよく考えてみたいものです。

スポンサードリンク

炊飯器のガスとIHはどちらがおいしいのか 比較してみるガスのデメリットは?

先日はマイコン式とIH式について比べてみましたが、今回はガス式とIH式について比べてみたいと思います。

どちらがご飯が美味しいのか

a0002_011929

炊飯器で炊いたご飯の味にはいろいろ好みがあると思いますが、ガスとIHに関してはガスがおいしいという声が圧倒的に多いです。

というのは圧倒的な火力の差にあります。電気だとどうしても発揮できる火力は限られてきますが、ガスでは直火ならではの高火力でいっきに加熱して炊き上げることができます。

こうした点からご飯の味に焦点を絞って考えると圧倒的にガスのほうが味が勝っています。

炊飯時間もガスが早い

高火力で炊き上げるのでガス炊飯器のほうが炊飯時間が短くて済む傾向があります。

速炊きモードを搭載した機種ならお米を洗ったあとすぐに炊飯を開始しても20分で炊き上がるという機種も。

ガス炊飯器のほうがかなり早く炊き上がります。

機能と価格面での問題

味の面ではリードしているガス式ですが、問題も・・・通常のガス炊飯器には保温機能やタイマー機能が付いていないんです。

保温機能を付いたものだと価格は少しアップ。保温とタイマーが付いたものだと大幅に価格がアップします。

パロマの炊飯器を例に挙げると

炊飯のみのPR-200EF LPは12000円ほど、

保温機能つきのPR-100J 13Aは15000円ほど、

保温とタイマー付きのPR-S10MT 13Aは32000円ほど

の価格となっています。

高い圧力IH炊飯器を買うことを考えればそれほどでもありませんが、電気炊飯器のような感覚でどれでもタイマーが付いていると思って買うとあとで困ることになるので注意しておきましょう。

また、保温に関しては電気炊飯器と違って電気を食う傾向にあるのであまり得意ではないといえます。期待しないほうがよいでしょう。

設置場所とガス管の問題

設置場所の問題もあります。ガス炊飯器はIH炊飯器にくらべてサイズが大きいのでどうしても設置場所を広く取らなくてはなりません。

例えばパロマのPR-100J 13A。幅高さ奥行きが260x250x326mm、

PR-200EFは300x282x322mm、

これに対してIH式のパナソニックのSR-HB104は250x201x321mmです。

コンパクトなタイプもあるとはいえ、サイズは大きくなりがちなので忘れずにサイズをチェックしておきましょう。

ガス栓の問題

電気炊飯器ならばコンセントにプラグを差せば使えるわけですが、ガス炊飯器の場合はガス栓が必要になります。ホースや接続の方法などきちんと守って設置をする必要がありますね。

また、空いているガス栓があればいいですが、配管が必要になる場合もありますので大きな手間となってしまいます。

ガスをつないでいるのでIH炊飯器のように炊飯器ごと移動させてご飯をよそうといったことができません。おひつなどが必要になるかもしれませんね。

まとめ

ガス炊飯器は味や炊飯時間といった面は大きな魅力ですが、炊飯以外の機能や設置性の面ではIH炊飯器がリードしているといえそうです。

ガスの接続ができるなど環境が整っている人やご飯の炊き上がりにどうしてもこだわりたいという人にガス炊飯器は向いているといえるでしょう。