スポンサードリンク

タイガー JPC-A100の口コミ コンパクトでも5.5合炊き!

土鍋コーティング、炊きあげ時に圧力をかけ炊きあげ直後に減圧する「可変W圧力炊き」やフラットなデザインが特徴のタイガーJPC-A100。

実際に使ってみた口コミをいただきました。

見た目より大容量ファミリー向け炊飯器

4人家族です。我が家はタイガー魔法瓶のJPC-A100を使っています。

標準メニューの炊飯時間は30分から45分ぐらいです。早炊きモードにすれば20分~30分ほどでご飯が炊けます。

 

普段はコシヒカリを食べていますがあきたこまちやひとめぼれなど他のブランド米でも問題なく炊き上がります。標準メニューにすればIHの力で調理します。パワフルですが驚くことに意外と省エネです。

標準モードで炊いた時はお米がしっかりと立っておりとてもおいしそうです。米の種類も関係あると思いますが、それでも以前の炊飯器よりおいしく炊き上がっているように感じます。

あと極うまメニューという通常の2倍の時間かかるメニューがありますが、こちらはとてもおいしいです。より強い火力で調理するためふっくらしています。しかし時間がかかるので普段は標準モード、ちょっと余裕があるときは極うまメニューで調理しています。

 

以前もタイガー魔法瓶のを使っていましたが、5年ほど経ちプラスチックの部分がひび割れてきたので買い換えることにしました。前のも結構おいしく炊き上がっていたのですが、JPC-A100の方がおいしいし炊飯器自体がよりコンパクトなので場所を取らないし軽いです。

 

釜は熱流&熱封土鍋コーティングというもので熱が均等に伝わりバランスよく炊けます。また保温効果もあるため少々時間がたってもおいしいごはんを食べることが出来るので、家族が買える時間がばらばらの日でも大丈夫です。しっかりと蒸して保温してくれるので時間がたってもふわふわしています。個人的な意見ですが炊いてから1時間はおいしさがキープされます。2時間過ぎあたりから少しふっくら感が物足りなくなってきます。

 

お手入れの方ですが比較的簡単な法だと思います。湿気でさびたりカビで困ったりもしていません。釜の方も洗いやすいです。普通にスポンジに泡が付いている状態でも米粒がしっかりと落ちます。釜を長持ちさせたいならたわしではなくスポンジで洗うことをお勧めします。コーティングがはがれると劣化してきますので優しく扱ったほうが長生きします。

蒸気が出る部分も取り外しが楽です。釜と上記の部分双方に言える事ですが、外すときはやけどしないように注意してください。釜の方は火鍋なので熱が伝わりやすく危険です。必ず布を手の間に置くなどしてやけどしないようにしながら取り外してください。

問題点を挙げるとするならばメモリが少し見ずらいことです。水を入れても少しメモリが見にくいのでたまに柔らかくご飯が出来たり、少し硬めに出来たりします。硬めに出来たら長めに蒸らせば解決しますが、メモリの色を変えたりもっと大きな文字にするなど工夫してほしいです。

 

ホワイトグレー、バーガンディ、ブルーブラックの三色です。先日夫が仕事で中国からのお客さんにバーガンディ(赤っぽいあずき色)の炊飯器をプレゼントしたら喜ばれたと言っていました。また、都会では土地が限られておりこの商品の様にコンパクトでパワフルなのも魅力的だと言っていました。

 

大阪府 ジョージア

コストパフォーマンスが優れていそう

2万円台半ばで購入ができ、炊き上がり、デザインともなかなか好評なようなのでコスパ重視の人は検討してみたい1台ですね。

各メーカーの上位機種には及びませんが、こだわりの無い人はこれぐらいでも十分活躍してくれそうです。

タイガー 圧力IH炊飯ジャー(5.5合炊き) 炊きたて JPC-A100RB バーガンディを楽天市場でチェック

タイガー 圧力IH炊飯ジャー(5.5合炊き) バーガンディTIGER 炊きたて JPC-A100-RBをアマゾンでチェック

タイガー JPC-A100をYAHOOでチェック

スポンサードリンク

日立 RZ-YV100Mの口コミ 蒸気レスと価格が魅力

2合以下で炊飯ができる少量炊飯コースや圧力スチーム炊き、蒸気レスといった機能が魅力の日立RZ-YV100M。

実際に使った口コミをいただきました。

蒸気レス炊飯器の魅力

うちの子供はご飯を食べないと思っていたのですが、祖母の家に行くとパクパク食べるので、何でかなと思っていました。
使っているお米は祖母の作ったお米なので、きっとお水と炊飯器に違いがあるのだと思い、子供のために炊飯器を購入する事になりました。

炊飯器選びの時の一番は蒸気が出ない事でした。子供が小さいので万が一の事を考えて、そこは譲れないポイントでした。更に家が狭いのでキッチンも狭く、置き場所に困らないメリットもあります。

メーカーによって蒸気が出ないという言い方が異なっていて、蒸気カットや蒸気レス、蒸気セーブなどというようです。もっとも蒸気が出ないものは、蒸気レスで、炊飯モードによって若干でる事もありますが、全くといっていいほど気になりません。炊飯器の上に食器棚があっても、水滴がついていたりする事はなく、全く問題ないです。

炊飯器には圧力IH炊飯器、IH炊飯器、マイコン炊飯器、ガス炊飯器があります。この中で現在主流になっているのが、圧力IH炊飯器です。
ただ他の物と比べると、お値段が高いのがデメリットです。圧力IH炊飯器は、高級炊飯器の部類に入ります。

私が選んだのは、日立のふっくら御膳RZ–YV100Mです。

蒸気レスで、圧力IH炊飯器で、お値段を抑えた物で探すと、こちらが最も私の条件にあっていました。購入価格はポイント等もあったので、3万円くらいで購入できました。5.5号炊きでこのお値段は他社と比べるとかなりリーズナブルです。

いざお米を炊いてみようと思ったのですが、炊飯モードが色々あったので、とりあえず白米極上モチモチコースで炊いてみました。
炊き上がりは感動もので、お米が白くピカピカ光っていて思わず声が出ました。食べるとお米がモチモチしていて美味しすぎてビックリしました。子供もパクパク食べてくれて、本当に買って良かったと思った瞬間でした。

日立の圧力IH炊飯器には、圧力スチーム炊きという機能が付いており、これは日立のオリジナルです。
圧力を加えて炊き上げるのは他社の圧力IH炊飯器ものと同じですが、炊き上がった後の蒸らしの際にスチームで更に加熱をします。高温で蒸らす事によって、更にお米の甘みが増す様です。
更にこのスチームは保温の時にも役立っており、カットした蒸気を使って保温する事でご飯がしっとりと保温されます。
今まで使っていた炊飯器で保温していたお米は、パサパサで全く美味しくないので、余ったご飯はすぐにラップで小分けにして冷凍していましたが、そういった面倒な事をしなくても、朝炊いたご飯を夜まで保温状態で美味しく食べれます。

洗う時も、お釜が軽いので簡単に洗えます。蓋の部分は部品を4つ外して洗わないといけないので、今までの物より外す部分が多くなっています。

何度がお米を炊く中で、炊飯モードを色々変えて炊きましたが、白米極上モチモチコースが一番美味しかったです。
この炊飯モードは極上しゃっきり、極上普通、極上モチモチなど色々ありますが、そんなに大差はなくどれも美味しくいただけます。年配の方にはこの炊飯モード選びは少しわずわらしく感じるかもしれません。

 

大阪府 りりとえり

少量炊飯がメインの家庭によさそう

少量炊飯コースがあるので来客に備えてそこそこ炊飯容量は欲しいけど普段は少量で十分という家庭によさそうですね。炊き上がりも良好そうです。

お手入れの面では圧力IHということもあって蓋部分は「ふた加熱板」「オートスチーマープレート」「蒸気キャップ本体」「蒸気キャップカバー」4点の洗浄が必要です。年配の人にはちょっとたいへんかもしれませんね。

HITACHI RZ-YV100M(R)を楽天市場でチェック

日立 圧力スチームIH炊飯器 メタリックレッド RZ-YV100M Rをアマゾンでチェック

日立 RZ–YV100MをYAHOOでチェック