スポンサードリンク

2017~2018年の人気炊飯器ランキング!コスパで選ぶ!

いろんなメーカーからいろんな値段で登場している炊飯器。

フラッグシップモデルは機能が豊富ですが価格が高くてなかなか手が出しにくい面もあります。今回はお手ごろなコスパ重視モデルで人気機種をピックあっぷしてみました。

パナソニック おどり炊き SR-PA107

パナソニックのSR-PA107は可変圧力おどり炊きという機能が搭載されています。

最上位モデルはIHの切り替えと可変圧力によるWおどり炊きですがこのSR-PA107は可変圧力のみです。

銘柄による炊き分けがなかったり、仕上がりも「銀シャリ」「もちもち」「かため」「やわらか」と4種類だったりしますが、内釜はダイヤモンドハードコートの3年保証になっているなど基本は抑えている感じがします。

それほど活用することは無いかもしれませんが炊飯後のニオイを減らすお手入れ機能も搭載されています。

炊き上がりに細かいこだわりがないけど有る程度美味しく炊ける炊飯器が欲しいと言う人はチェックしてみてはどうでしょうか。

三菱電機 備長炭 炭炊釜 NJ-VE108

三菱電機といえば本炭釜ですがのNJ-VE108は中位モデルなので内釜は備長炭コートになっています(3年保証)。

炭を削りだして仕上げる本炭釜とくらべると炊き上がりの美味しさは劣ると思いますが本炭窯は割れやすいという欠点もあるので内釜を手軽に扱えるNJ-VE108のほうが釜の扱いを気にしなくて楽かもしれませんね。

近年はモードが豊富な機種が多いのでそれほど特筆すべきことでもありませんが、芳潤炊き、雑穀米、麦飯、中華粥、おこわ、炊き込み、すし、エコ炊飯といったモードも備えています。

NJ-VE108については当サイトにも口コミをいただいています。こちらも参考にどうぞ。NJ-VE108の口コミ

象印 極め炊き NP-BG10

象印の中位モデルは人気の鉄板になっている気がします。

上位モデルのように南部鉄器の極め羽釜や大火力・高圧力といった部分はありませんがプラチナコートの内釜は3年保証(プラチナによって水を弱アルカリ化することでご飯がおいしくなるようですがどれほど効果があるかは不明)。

メニューは49通りの炊き方がある「わが家炊き」、炊き上がりの食感を7通りに選べる「炊き分け圧力」などがあります。

水分の蒸発を抑える「うるつや保存」は30時間と長めの保温が可能です。高温で保温する「高め保温」も搭載しているのであったかご飯をすぐ食べたい人にもよさそうです。

3機種をピックアップしてみました。どれもフラッグシップモデルにくらべると炊飯機能は劣ってしまうのですがコスパで考えれば優れている点は大いにあるかと思います。

コスパ重視の人はチェックしてみてください。

スポンサードリンク

象印 極め炊き NW-JA10の口コミ ご飯が以前より甘く炊けるようになった!

少々価格は高めなものの「大火力沸とう」でふっくら炊ける、圧力IHなのに洗う点数が内ぶた2つと釜の3点で済むといった点が魅力の象印NW-JA10。

実際にご飯を炊いてみた方から口コミをいただきました。

味を求めるなら極め炊き

4人家族ですが依然炊飯器が壊れた時に新たなものに買い換えました。象印の当商品はとてもおいしく出来上がるので気に入っています。以前の炊飯器も象印で10年ちょっとぐらい持ったので象印の丈夫さには満足しています。お米に特にこだわりはありませんが、いつも通販であきたこまちの無洗米を買っています。共働きで買えるのが遅いと料理も面倒なので無洗米を選ぶようにしています。

炊飯時間や炊き上げメニュー

炊飯時間ですが普通のモードなら2合で40分ほどです。おいしく炊くモードなら1時間ほどかかります。早炊きなら20分ほどで炊き上がります。味のほうですが早だきと普通のモードに大した違いを感じることはないのでいつも早炊きでご飯を作っています。

おいしく炊くモードだと少しふっくらするので時間があるときはそっちのモードを使っています。もともと使っている米自体大していいものではないですし私の舌では違いが判らないだけかもしれませんが、どのモードを選んでもおいしく出来上がります。またご飯が以前より甘く炊けるようになりました。ご飯のうまみや甘みを最大限に引き出してくれるのでとても満足しています。

以前の象印炊飯器とくらべて

以前も象印のを使っていました。型番は古いものでもう売っていない商品ですが、新しい炊飯器のほうがおいしいです。圧力IHで釜炊きなのでご飯がつやつやして硬さもちょうどいいぐらいに出来上がります。値段は少々高いですが毎日おいしいご飯が食べられて炊飯器自体も10年近く持つと考えるとそこまで高くないのではないかと思います。デザインも若干メタリック感があり高級感を感じます。日本の家電は欧米のに比べて質は高いもののプラスチック感があるのが残念な点ですが、最近の日本の家電はデザインにもこだわり始めたのではないかと思います。

釜は圧力IH対応のものなので結構しっかりとしています。はがれたりもしませんし丈夫です。若干重たいですが普通に片手で運べるぐらいの重さです。少し目盛りの色が暗いと読みにくいですがなれると困りません。

保温

保温効果もしっかりとしています。以前の炊飯器は1時間ほどすると味が落ち始めましたが、今の炊飯器は2時間ほど置いといても大丈夫です。別に早炊きやおいしく炊くモードで保温時間の違いもないように感じます。

お手入れ

お手入れも簡単です。炊飯釜や蓋の裏のお盆みたいな部分もすぐに取れます。釜自体もコーティングがされているので洗い物も楽です。やる必要はありませんが念のために蒸気が出るところにカビが生えないように月に1回ほどアルコールティッシュで掃除しています。これは私の個人的な自己満足です。

弱点は?

強いて弱点を上げるなら価格が4万円弱と少し高めなこととサイズが普通のに比べて大きいことです。ですが質やデザインを考えると全然この値段でも満足できますし大きさ自体も事前に確かめておいてスペースを空けておけば問題ありません。少しでもお得に買いたいならマイナーチェンジされるときや家電店の決算のタイミングを狙って買うことをお勧めします。

 

大阪府 蔵さん

価格が気になるがその分の性能はありそう

価格が高めなのがどうしてもネックですが、炊き上がりの満足度は高そうですしお手入れが簡単なのは嬉しいですね。

ちなみにサイズですが幅x奥行きx高さが27.5×34.5×21.5cmとなっています。

蔵さんがおっしゃっているように発売1年後ぐらいのモデルチェンジの時期を狙ってみるといいかもしれません。

ZOJIRUSHI NW-JA10-TAを楽天市場でチェック

象印 炊飯器 圧力IH式 鉄器コートプラチナ厚釜 極め炊き 5.5合 ブラウン NW-JA10-TAをアマゾンでチェック

象印 NW-JA10をYAHOOでチェック