パナソニック SR-KT067の口コミ インテリアに合うおしゃれな家電が欲しい人に!

パナソニック SR-KT067は洗練されたフラットな天面とガラスパネルに加えてそぷさがタッチキーになっていて高級感あふれる機種です。

炊飯器機能に関してはおどり炊きシリーズなどの上位機種には劣るでしょうが二段IHと側面・ふたヒーターによってまずまずの炊き上がりが期待できるのではないでしょうか。

容量は3.5合で炊き込みご飯が3合まで炊けるので1~3人暮らしで炊き込みご飯を作る場合には役立つかも?

今回はこのパナソニック SR-KT067を使ってみた口コミをご紹介します。

洗礼されたデザインでふっくらごはん

パナソニックのIH式炊飯器SR-KT067を使っています。パナソニック製を買ったのは今回で初めてですが思っていたよりも良かったです。3人家族で普段はコシヒカリを使っています。たまに雑穀米を炊くこともあります。大体いつもふっくらご飯を食べています。ちらし寿司の時は少々硬めに炊いています。

エコ炊飯43分、ふつう48分、早炊き24~30分、おかゆ48~60分、玄米ごはん105~120分、雑穀米ごはん44~55分で炊くことが出来ます。正直味に関しては炊き方でそこまで変わりません。結局米の質で味が決まる部分が大きいです。普段はエコ炊飯で時間が無い時や炊き忘れた時に早炊きを使っています。

炊き上がりはふっくらとしており美味しいです。ふつうで炊いた時はお米の粒が立っていてキラキラしています。全体的にムラが無く同じぐらいの硬さで炊き上がります。一方でガスコンロ等で作った時に出来るおこげ、香ばしさが楽しめないのがデメリットです。しかし炊き上がりについてはとても満足しています。

以前は象印のNL-BB05-TMを使っていましたが落としてしまい蓋が壊れたので買い換えました。同じぐらいの価格で美味しく炊け洗い物が楽なのが無いかと探していると家電店の店員さんにSR-KT067を勧められました。釜には備長炭入りのコーティングが施されており使って1カ月ほどたちますがコーティングのダメージはほぼゼロです。汚れもすぐに落ちるので洗い物の負担が減りました。

保温効果は普通のレベルです。1~2時間ぐらいならそこまで味は変わりません。2時間が過ぎたぐらいから若干味がパサっとしてきますが全然食べれます。ちょっと気になるならラップをかけて電子レンジで温めるとおいしく食べれます。
主に白米を炊くのに使っていますがたまに雑穀米を食べるので雑穀米モードが便利です。炊き込みご飯をするときは野菜の水分が出てお米が柔らかくなりやすいので若干ダシを少なめにして炊くようにすると美味しく出来上がります。

洗い物はとても楽です。内釜と内蓋だけ洗えば大丈夫です。蒸気蓋が付いていないので洗うパーツが少なく済みます。釜の汚れもコーティングのおかげで落ちやすいので助かります。

少し気を付けないといけないのが700ワットなので料理している時に炊飯器と同時に電子レンジ、T-fal、その他電子機器1、2個同時に使うとブレーカーが落ちることがあります。また炊飯時にはファンの音がします。あとガラスタッチパネルは汚れやすいので軽く拭いてあげないと汚くなります。このようにデメリットもいくつかありますが全然妥協できる程度のものです。

2万円以内でそこそこ美味しいごはんが食べたいのであればお勧めです。ここ数年でパナソニック製品はデザインが良くなりました。見た目もスタイリッシュで最近のモダンなインテリアに合います。タッチパネルもおしゃれで近代的です。色はブラックとホワイトの2色が選べます。パネルの数字が白い光なのでブラックの方が文字が見やすいのでブラックをお勧めします。

 

大阪府 お米大好き

家電は外観のデザインにもこだわるという人に

炊飯面でも大きな問題は無いようですね。値段を考えれば十分といったところではないでしょうか。

やはり特徴はそのデザイン。フラットでガラスパネル仕様になっているという点はおしゃれな家電を求めている人には高ポイントですね。炊飯機にデザイン性も求めるという人は検討してみてはどうでしょうか。

パナソニック SR-SPA186の口コミ SR-SPX186との違いも

Wおどり炊きで美味しく炊き上がると人気のパナソニックSR-SPX186のやや廉価になったモデルがSR-SPA186。Wおどり炊きは搭載していますがどういった点が違うのでしょうか。

SR-SPA186とSR-SPX186の違い

メーカーのページをもとに機能についてチェックしてみると

  • 「銘柄炊き分けコンシェルジュ」の有無
  • 「赤飯」「おこわ」コースの有無
  • 「銀シャリ炊き分け」が10種類と6種類
  • 内釜の保証が5年と3年(ダイヤモンドプレミアムコートとダイヤモンドハードコートの違い)

といったあたりが違いとなります。SR-SPAのほうが安いので当然機能は少なくなります。

「銘柄炊き分けコンシェルジュ」はお米の銘柄によって炊き分けてくれる機能でSPX186では46銘柄を炊き分けてくれます。

「銀シャリ炊き分け」は

  • SPA186が「銀シャリ」、「かため」、「やわらか」、「もちもち」、「しゃっきり」、「少量」
  • SPX186が「銀シャリ」、「銀シャリ(少量)」、「よりしゃっきり」、「しゃっきり」、「もちもち」、「よりもちもち」、「よりかため」、「かため」、「やわらか」、「よりやわらか」

とSPX186がより細かな炊き分けができます。

がWおどり炊きをメインで考えている人はSPA186でも良いのではないでしょうか。

 

と、少し前置きが長くなってしまいましたがSR-SPA186の口コミをご紹介します。

Panasonicの炊飯器いいですよ〜

今まで使っていた炊飯器(サンヨー製)を6年使っていましたが吹きこぼれか激しく、内釜も一部剥げてきたため修理に出したが修理不能とのことで戻ってきたので急遽購入を検討しました。

我が家は今ままで1.0Lタイプを使っていましたが、購入当時より食べ盛りの子供が4人に増えてしまったので今回は1.8Lタイプを買うことは考えていました。以前と同レベルのグレードの炊飯器は7万〜と我が家にとっては踏ん切りがつかない値段の中でなぜPanasonic製品を選んだかを私の独断の判断ですがお伝えできたらと思います。

○炊飯時間について

美味しさにこだわった「銀シャリ」40分〜50分
省エネで炊く「エコ炊飯」42分
短時間でたく「高速」24分〜34分 〜取扱説明書参照〜
炊飯時間については他社製品と大差ないように感じました。実際に使っても時間がかかりすぎるとは感じません。

○炊き上がりについて

我が家では「銀シャリ(もちもち)」を毎回設定しています。子供の弁当を毎日作っていますが、子供の反応も「今までとお米が違うように感じた。おにぎりが本当に美味しくなった。」と5年生の娘は言っています。(子供は感想は正直です。)

○保温機能について

お店で定員さんに聞いてみたところ、目安は24時間とのこと。他の機種は30時間というのもありましたが、果たして30時間も保温する機会がどのくらいあるのかを考えて朝食〜夕食の12時間持てば十分と考え標準的な24時間を選びました。

そしてPanasonic製には、水容器なるものがあり、そこに水を入れておくと保温開始から5時間・10時間ぐらいしたら自動で水容器に入った水でスチームが入ります。それ以外に手動でスチーム入れて保温することができます。

この機能は素晴らしいです。10時間経ったご飯でも炊き上がりを感じることが出来ます。私自身朝炊き上がったばかりのお米から夕食時のお米(12時間経ったお米)と比べても、口の中に入った感覚はほどんど同じように感じました。お箸でご飯をすくった時のご飯の乗りはまさに芸術です。

○お手入れ

ふた加熱板をふた内面から取り外すとき本体ふた部のストッパーを外すのですが、途中で止まるのでふた加熱板が一気に外れることがないのでその点は安心です。

以前の炊飯器はストッパーを外すと勢いよく外れてよく内釜の上に落ちていました・・・(これが内釜の剥がれにつながっていたようだったので)。

内釜はダイヤモンド竃釜で軽いです。洗う際ストレスを感じません。保証も3年保証がついており安心して使用することができます。

 

これはデメリットになりますが、水容器に水を入れるのですが、容器ギリギリに水を入れる必要があり入れる際手元が狂うと溢れてしまうことがあります。もちろん機械的には全く問題ないようですが、手入れに手間がかかってしまします。子供に手伝いをさせるときなどは注意が必要です。

 

総合的にはご飯が美味しく食べれて外観も黒が基調でカッコイイです!!

 

岡山県 パナグレート

SR-SPA186でもご飯の美味しさは十分感じられそう

やはりWおどり炊きはかなり美味しく炊き上げてくれるようですね。

とことんこだわるなら上位機種のSPX186のほうが機能が豊富で良いのかもしれませんが、「普段の炊き上がりをワンランク上に」なんて感じで購入するのならSPA186でも十分かもしれません。

あとは内釜保証の5年と3年(SPA186は3年)をどう考えるかですが・・・通常の使用なら個人的にはそれほど気にすることは無いかなと思います。

Panasonic SR-SPA186-Kを楽天市場でチェック

パナソニック 1升 炊飯器 圧力IH式 Wおどり炊き ブラック SR-SPA186-K

パナソニック SR-SPA186をYAHOOでチェック