三菱電機 備長炭 炭炊釜 NJ-VE108の口コミ 冷めてもおいしい

三菱電機の炊飯器といえば「本炭釜」ですが、こちらのNJ-VE108は備長炭コートと2層厚釜という仕組みになっています。

本炭釜で無い分、炭による炊き上げ効果はかなり落ちると思いますが、逆に釜が割れにくい(本炭釜は割れてしまったという口コミをちょくちょくみかけます)という考え方もできますね。

実際に使ってみた方から口コミをいただきましたのでご紹介します。

これがダブル備長炭コート5層厚釜のちから

購入の経緯

10年間使用していたものが壊れたこともあり、上限額3万円以内で新しいものを探していたときに、近所の電気屋さんで見つけました。以前使用していたものと同じメーカーのもので、使用方法がわかりやすいのでは、と考えたことと、店員さんにおすすめされたこと、その場でインターネットのレビューを確認したところ、高評価であったため、こちらに決めました。

実際に使ってみて・・・冷めてもおいしく頂ける

実際に使用してみた感想としては、ごはんがふっくら美味しく炊ける!以前使っていたものは、ご飯がパサパサになっていました(当初はそれが普通だったので気がつきませんでしたが)また、一度冷めてしまうと硬くなって食べられなくなっていました。

これが、『ダブル備長炭コート5層厚釜』の力か!と妻と驚きました。我が家では共働きのために、ご飯の準備は交代制で行っており、私が適当に目分量で炊飯をセットしても美味しく炊き上がりました。ご飯に対して水は内側の腺よりも少し少なめにしておくとちょうど良かったです。

ご飯の表面がつやつやにコーティングされているような、ぴかぴか視覚的にもおいしそうな、明らかな変化がありました。また、会社へ持っていくお弁当など、ごはんが冷めたときにでも硬くならずにおいしく頂くことができます。水分が均一で、ご飯の芯まで均一に熱が通っているからだと思います。私は、特にごはんの味と、ちょうど良い硬さ(食感)にとても満足しています。

お手折れんの便利さ

一方で私の妻は、後片付けの便利さに驚いていました。以前使用していたものは、内蓋を取り外すことが出来ず、布巾で一生懸命に掃除しておりました。鋭利な部品で指先を切ってしまうこともありましたし、細い隙間を擦り洗いすることが出来ずに苦労していました。いつもさえ箸の先に付近を巻きつけてごしごしとがんばっていました。その点、この商品は内側を取り外して掃除することが出来るので、隅々までいつでも清潔に保つことが出来ます。我が家は子供がまだ小さいので、神経質になっていましたが、現在は毎日安心して利用しています。

デザイン

見た目についてですが、四角く、コンパクト。角は丸いのでなんだかかわいいやつです。我が家は狭いキッチンですが、レンジ台の狭い隙間にも余裕で収納することが出来ました。また食事の際に食卓へ移動するときにでも、とても軽量のため、片手で移動することができます。(私の妻が片手で持ち運び出来ますので、誰でも簡単だと思います)

気になる点

現在は特に不満はありませんが、あえて気になる点をあげるとすれば、最大の特徴のダブル備長炭コート5層厚釜ですが、固めのスポンジや、亀の小たわしを使用すると傷がつきやすく、今ではやわらかいスポンジでやさしく擦って洗っています。『備長炭コート5層厚釜』が売りの商品ですから、此方に傷が付いてしまっては、台無しだと思います。

総評

総合的にはとても満足しています。3万円以下で購入することが出来ますし、コストパフォーマンス面は最高です。おすすめ致します。

 

愛知県 ばりばり

上位機種ほどではないが美味しく炊けそう

大きな不満もなく満足度は高そうですね。

ただ、ばりばりさんはダブル備長炭コート5層厚釜と記載してらっしゃいますが、NJ-VE108は備長炭コート+2層圧釜なので注意したいところです。

釜は本炭釜では無いとはいえお手入れの際にコーティングが気になるところですね。

内側はハードコートですからけっこう強そうな気もしますが、やっぱりやわらかいスポンジ洗ったほうがいいかもしれませんね。使い始める前に説明書を読んで、どんなお手入れの仕方をすると良いのか確認しておくのも大切だと思います。

 

MITSUBISHI NJ-VE108-Wを楽天市場でチェック

三菱 IHジャー炊飯器(5.5合炊き) ピュアホワイトMITSUBISHI 備長炭炭炊釜 NJ-VE108-Wをアマゾンでチェック

三菱電機 NJ-VE108をYAHOOでチェック

三菱電機 本炭釜 NJ-SW067の口コミ 匠芳潤炊きでふっくら甘く!

本炭釜採用の小容量モデルNJ-SW067。本炭釜ですから割れやすいという心配はあるものの炊き上がりは良好だと評判です。

今回はこのNJ-SW067について口コミをいただきました。使い心地はどうでしょうか。

無洗米がきれいに、おいしく炊ける

家は主人、私、小学生の子供の3人家族です。
ごはんは、毎日夕方に2合炊きます。
夕飯に残ったものを、翌日朝に食べるようにしています。この炊飯器は、朝になってもごはんがかたくならず、夜と同じように食べられます。

この炊飯器を選んだ理由として、「無洗米がおいしく炊ける」と店頭のポップに書いてあったからでした。前に使っていたメーカーの物が、炊飯器を買ったときから、底のご飯が茶色くなり、何度修理に出して直してもらってもやっぱり茶色くなってしまい、挙句の果てに「無洗米を使うと茶色くなる時がある」

と言う回答だったので、その商品は返品することになり、買い替えることにしたのです。

だから、もうそんなことになったら嫌だという思いから、無洗米をごはんが茶色くならずにおいしく炊ける炊飯器を探していたところこの炊飯器が目に留まったのでした。正直予定よりだいぶ予算オーバーでしたが、今では買って良かったと思っています。

最近の炊飯器は、色々な機能が付いていて使い方が簡単なようですが、機械音痴の私にとっては、結構複雑で、最初のうちは取説を読まないと分かりませんでした。しかし、毎日使っていれば通常の使い方なら覚えられるようにはなりました。

家では、白米と無洗米しか炊いたことはありませんが、玄米や発芽米も炊けるようです。
ごはんの硬さも、かため、ふつう、やわらかめ、と選べ、炊き込みやお粥も炊けます。お粥なんて、炊飯器で炊けるなんて思ってもいませんでした。

炊き方も選べます。通常に炊くものや、匠芳潤炊き、これは通常よりもふっくら甘みのある極上のご飯に炊きあがります。そして、エコ炊飯にお急ぎも出来ます。こんなに細かく選べるとなると、どれにすれば一番おいしいのか正直迷ってしまいます。でも、大体毎日押すボタンは決まっていて、選ぶ炊き方も決まってしまいます。
いつも2合を通常の炊き方で炊くと時間は44分。これを時々匠芳潤炊きにすると75分。たまに、スイッチを押すのを忘れていて、慌てて炊くときはお急ぎで22分。匠芳潤で炊いたときは、おいしく炊けているような気もしますが、お急ぎの時は確かに硬めに炊きあがっています。同じ炊飯器でこんなに色々違うなんてちょっと驚きです。

そして保温は、時々忘れて長時間保温してしまうときもありますが、カピカピになるようなことはありません。これも前の炊飯器とはだいぶ違うところです。

使い終わった後のお手入れですが、蓋の裏側についている放熱板と呼ばれる内蓋のような取り外しできるものですが、ここに蒸気口パッキンというマッチ箱くらいの大きさの物がついていて、ちょっと洗いにくいです。ここに汚れがたまりやすいのでもう少し洗いやすいといいのですが…。

内釜は、他の炊飯器同様に洗いやすく扱いやすいですし、純度99.9%の炭素材料を固めて焼き上げたもので、これがごはんをおいしく炊ける理由の一つでもあるようです。

全体的に見て、最初にも書きましたが、やっぱりこの炊飯器で良かったです。

 

東京都 無洗米です。

釜の取り扱いに注意すれば・・・炊き上がりは良好そう

「匠芳潤炊き」はふっくら甘みのある炊き上がりということでなかなか期待が持てそうですね。

蒸気口パッキンが少し洗いにくい、釜が割れやすいので丁寧に扱わないといけないといった点では少しマイナスでしょうか。

MITSUBISHI NJ-SW067-Wを楽天市場でチェック

三菱電機 IHジャー炊飯器 本炭釜 3.5合炊き ピュアホワイト NJ-SW067-Wをアマゾンでチェック

三菱電機 NJ-SW067をYAHOOでチェック