東芝 RC-5SKの口コミ ミルキークイーンを炊いたらどんな感じ!?

東芝のRC-5SKはマイコン式の3合炊き炊飯器。釜は外側が銅コート、内側はチタンコートになっています。

マイコン式で価格も安いので炊飯機能は特に期待すべくもありません。「無洗米・雑穀米」、「パン・ケーキ」メニューといったところは搭載しています。低予算に抑えたい1人、2人暮らしの人向けでしょう。

このRC-5SKの使用感はどんな感じでしょうか。口コミをいただきました。

綺麗な炊き上がりで重宝しています

二人家族で、主にミルキークイーンを購入しています。もちもちでふっくらとした炊き上がりを好んでいます。

二合で炊く場合、白米コースなら一時間、早炊きコースなら41分で炊き上がります。白米コースはツヤのある仕上がりになりますが、早炊きにするとパサパサでミルキークイーン本来の甘みが失われます。見た目も黄色っぽくなり、特に底面が乾燥しカラカラになります。

この炊飯器を購入する前は、タイガー・JIM-A101を使っていました。早炊きで30分から35分で炊く事ができその上、どのコースでもツヤツヤに炊き上がり、甘みをより引き出してくれました。

ミルキークイーンの持ち味が生かせないため、最近はあきげしきやコシヒカリに変更してみました。すると、ふっくらツヤツヤで白くとても輝きのある白米が炊き上がります。水加減が難しく、少しでも少ないと表面がカピカピになり、逆に多いとべちゃべちゃになります。試行錯誤の末、その日の気温に合わせて水分量を微調整する必要があります。

お米の銘柄や、コースによって炊き上がりにばらつきが出るので、とても扱いにくいです。

 

保温機能を使ったところ、たった数分の間に、お米の水分が奪われ固くなってしまいました。炊き上がったら、なるべく早くお釜から取り出さなければなりません。

 

コンパクトサイズで邪魔になりませんし、音がせず静かです。あまりにも静かすぎるので、炊飯をしていることを忘れてしまう時もあるほどです。

操作部が本体の前面にあります。なので直接床に置いて使っている私にとっては、床に這いつくばってコース選びなどの操作をしなければならず、使いにくいです。この炊飯器は自分の目の高さに設置して使う方が良いと感じました。

蓋を開けた瞬間に水滴が落ちることがないです。その為、炊飯器内の淵に多くの水滴が溜まらないので、炊く度に水分の拭き取りをせずに済みます。

この点は非常に助かるのですが、お手入れが面倒です。内蓋と蒸気口を毎回外して洗う必要があります。しかし、この内蓋を外すのが難しく、時間を要します。ある程度の力も要るので、やりにくいです。

内釜の重さは620グラムあり、重たく感じます。お米と水分を入れるとより重みが増すので、手首が痛くなってしまいます。

購入して二ヶ月ほどが過ぎましたが、今の所はまだ内釜のコーティングは剥げていません。

 

炊き上がった後、すぐにお米をほぐすのですが、その際に内釜がぐるぐると回転してしまい、ミトンで押さえなくてはなりません。白米をお茶碗に注ぐときも回るので、家族にお釜を押さえてもらい注ぐようにしています。二人掛かりでやらなければ、お茶碗に注ぐこともままなりません。

家電量販店でこの炊飯器を購入する際、「マイコンは加熱にばらつきが出ます。ですが、IHならばらつきが出ず、均一に加熱されます。その結果、銘柄によって炊き上がりに差が出ることも少ないですよ」と言われました。
なので、もし次回炊飯器を購入するときは、マイコンではなくIHの炊飯器を選ぼうと思います。

今回初めてマイコンの炊飯器を購入し、良い点もあるのですが、扱い方が難しいと感じています。
しかし、銘柄によってはお米をより美味しくしてくれるので重宝しています。

 

福岡県 ザッハトルテ

価格以上の物を求めてはいけない

納得いく炊き上がりにするには細かく調節をしてクセをつかむ必要がありそうですね。保温機能も長時間の保温は厳しそうです。

価格が安いので仕方の無い面があると思います。「この価格だからこんなもんだろう」と納得して買える人向けでしょう。

TOSHIBA RC-5SK(W)を楽天市場でチェック

東芝 マイコンジャー炊飯器(3合炊き) グランホワイトTOSHIBA 銅コート釜 RC-5SK-Wをアマゾンでチェック

東芝 RC-5SKをYAHOOでチェック

東芝 真空IH RC-10VRKの口コミ 保温が優秀!時間が経ってもおいしい!

東芝のRC-10VRKは真空ポンプによってお米から空気を追い出して吸水を早める「真空ひたし」や「しゃっきり」~「もちもち」まである程度食感の炊き分けができるといったあたりが特徴です。

上位機種に比べるとそれほど機能は多くありませんがその分価格が安く手を出しやすいのがポイントです。

今回はこちらの口コミをお届けします。

保温機能が優れていて時間が経ってもおいしい

以前まで使っていた炊飯器の調子が悪くなり買い換えるために某ショップに向かいましたが炊飯器コーナーでは多数のメーカーが数多くの種類の炊飯器を展開しているため

  • 値段で選ぶべきなのか
  • メーカー名で選ぶべきなのかどれがいいのか

正直わかりませんでした。

高価なものだと5万円前後するものから安いものだと2万円しないものまであり、高い炊飯器を買ったからといってそんなにお米の味に差が出るものなのか見当もつかなかったので店員さんにお勧めの商品が何なのか聞くことにしました。

もちろん最初に確認をしたときには「メーカーによって炊飯器の特徴が異なるのでどこに重点をおきますか?」とのことでした。

我が家では朝多めに炊いてその日の夜ご飯にまわしたり、前日の残りご飯でお弁当を作ることが多いので『保温機能が一番優れているもの』がほしいと店員さんに聞いたところこの炊飯器にお勧めしていただきました。

東芝自体がほかのメーカーよりも昔から保温時に真空にして米の酸化を防ぎ、炊きたての状態をキープする技術が優れていますよ!とも教えていただきました。

いざ購入して自宅で使ってみると自動で保温モードになりそのままある程度時間がたつと真空サインのところが青く点灯し真空状態になります。その際「ウーーーン」という音が結構鳴るので最初はすごく気になって仕方がありませんでした。音がしなくなると真空状態になり上記で書いたとおり米の酸化を防ぐともに長時間の保温を可能にしてくれます。

また、真空保温状態のときに炊飯器のふたを開けようとすると時間差でふたが開くので「あれっ、開かない?」と思うこともしばしばあります。
もちろんふたを何度か開け閉めした後に保温状態が続くと真空保温状態に切り替えますのでご安心ください。

まだそこまで試したことはないですが説明書には41時間は真空保温可能と記載してあります。店員さんに聞いたときも保温時間ではどのメーカーよりも圧倒的に長く且つ米が黄ばみにくいですと教えていただきました。

 

そのほかの点で言えば最近炊飯器でパンを焼いたりケーキを焼いたりできる機能が増えてきていますがもちろんこの炊飯器でもどちらも対応しています。

以前の炊飯器でチーズケーキを作っていたときにどうしてもそこにチーズが残ってしまい形が崩れてしまうことがありましたがこちらの炊飯器ではダイヤモンドコーティングが施されているのでこびりつきも少なくきれいに完成しました。

価格帯も他の製品よりも低価格な部類に入るにもかかわらずかなり高機能なのでとてもいい買い物をしました。

 

 

千葉県 うんちくぽん

保温時間が40時間と非常に長い

保温時間についてすっかり見落としていました。

メーカーのスペック表を確認すると真空保温:白米40時間とあります(あくまでも白米なので玄米や雑穀米は12時間です。ecoモードの場合も12時間)。

「炊き上げ機能はそこそこでもいいけど長時間保温したい」「価格を抑え目に長時間保温できる炊飯器が欲しい」という人は東芝の炊飯器をチェックしておきたいですね。

TOSHIBA RC-10VRK(R)を楽天市場でチェック

東芝 真空IHジャー炊飯器(5.5合炊き) グランレッドTOSHIBA 鍛造かまど銅釜 RC-10VRK-Rをアマゾンでチェック

東芝 真空IH RC-10VRKをYAHOOでチェック